ニュース

日独ハーフのピアニスト、エリカ・ヘルツォークがデビュー

エリカ・ヘルツォーク   2008/04/18 15:11掲載
はてなブックマークに追加
 日本とドイツのハーフというピアニスト、エリカ・ヘルツォークが5月21日に、アルバム『国歌ファンタジー』(KKCC-3020 税込3,000円)でデビューします。

 本作は、ハイドンモーツァルトベートーヴェンなどの作曲家が世界の国歌を編曲していたり、素材にしているピアノ楽曲を集めたアルバムです。ハイドンの「ドイツ国歌」、モーツァルトの「オランダ国歌」、ベートーヴェンによる「イギリス国歌」、冬木透の「君が代」……など聴きどころ満載。なかでもカラヤン編曲によるEU賛歌は貴重な楽曲です。

 彼女は、1992年にルクセンブルク市立音楽院を、98年にはワイマール国立フランツ・リスト音楽大学を首席で卒業。また2001年にはザルツブルク国立モーツァルテウム音楽大学大学院にて歌曲伴奏学を学んだという才女。今後の活躍にも注目です。


※5月21日発売
『国歌ファンタジー』
(KKCC-3020 税込3,000円)

1.ハイドン:皇帝賛歌による変奏曲Hob.3-77(ドイツ国歌)
2.モーツァルト:「ヴィレム・ファン・ナッサウ」による変奏曲K.25(オランダ国歌)
3.ベートーヴェン:イギリス国歌による変奏曲WoO.78
4.リスト編:ラ・マルセイエーズ
5.ラフマニノフ編:アメリカ合衆国国歌
6.ショパン編:ポーランド国歌
7.グリーグ:ノルウェー国歌
8.バイエル編:デンマーク国歌
9.バイエル編:ハンガリー国歌
10.バイエル編:ブラジル国歌
11.バイエル編:ベルギー国歌
12.バイエル編:ボリビア国歌
13.バイエル編:チリ国歌
14.アレクサンドロフ編:ロシア国歌
15.ノイマン編:エクアドル国歌
16.冬木透:チャイニーズ・ラプソディ(中国国歌)
17.冬木透:君が代パラフレーズ(日本国歌)
18.アウエルバッハ:タゴール幻想曲(インド国歌)
19.イディル・オズカン:アナトリア悲歌(トルコ国歌)
20.サマラス:オリンピック賛歌
21.ベートーヴェン(カラヤン編):EU賛歌(交響曲第9番より)


演奏:エリカ・ヘルツォーク(p)
録音:2008年2月、キング関口台第1スタジオ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015