ニュース

映画監督、深作健太によるオペラ演出作第2弾『ローエングリン』が2月に開催

深作健太   2018/02/09 12:50掲載
はてなブックマークに追加
映画監督、深作健太によるオペラ演出作第2弾『ローエングリン』が2月に開催
 映画『バトル・ロワイアル』シリーズの監督・脚本などで知られる映画監督・深作健太のオペラ演出作第2弾〈東京二期会オペラ劇場 リヒャルト・ワーグナー作曲 ローエングリン〉が、2018年2月21日(水)より東京・上野 東京文化会館大ホールにて上演開始。25日(日)まで全4公演が決定しています。指揮はドイツオペラの名匠・準メルクル

 ワーグナーの台本・作曲による『ローエングリン』は、領主が亡くなり荒れたブラバント公国で弟殺害の容疑をかけられた公女エルザが、夢に見た“白鳥の騎士”(=ローエングリン)の助けを借りて疑惑を晴らすものの、“けっして自分の名前や素性を尋ねてはならない”という騎士との約束を破ってしまうというストーリー。

 今回の演出は、ドイツ帝国への編入や普仏戦争により混乱の状態にあった19世紀末のバイエルン王国において、ワーグナーに心酔していたバイエルン国王ルートヴィヒII世が、建設途中のノイシュヴァンシュタイン城で『ローエングリン』の譜面を繰りながら破滅の間際に見た“夢”という設定を基に、作品全体を読み替えていくもの。“狂王”と呼ばれたルートヴィヒII世が、自分の生涯を思い起こしながら、自身を憧れの英雄ローエングリンに重ねてゆくというコンセプトです。

 演出の深作は「彼(ルートヴィヒII世)は実際に中世に憧れ、国家財政を傾けてまでローエングリンになりたかった、そしてなれなかった男です。ワーグナー作品の中で唯一、愛による“救済”がないといわれる『ローエングリン』。今、僕たちは混迷に生きる21世紀の日本で、物語の最後に、どんな“フューラー(指導者)”を見出すのでしょう?」と語っています。

東京二期会オペラ劇場「ローエングリン」
東京 上野 東京文化会館 大ホール
www.nikikai.net/lineup/lohengrin2018/index.html

2018年2月21日(水)18:00〜
2018年2月22日(木)14:00〜
2018年2月24日(土)14:00〜
2018年2月25日(日)14:00〜

台本・作曲: リヒャルト・ワーグナー
オペラ全3幕 / 日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015