ニュース

平松伸二『ブラック・ エンジェルズ』、落合モトキ×矢島舞美(℃-ute)で実写化!

平松伸二   2010/12/07 15:17掲載
はてなブックマークに追加
平松伸二『ブラック・ エンジェルズ』、落合モトキ×矢島舞美(℃-ute)で実写化!
 1980年代に『週刊少年ジャンプ』で連載され一世を風靡したコミック、平松伸二『ブラック・ エンジェルズ』。幼少より数々のドラマや映画に出演し、イケメン俳優集団「NAKID BOYZ」のメンバーでもある落合モトキ、℃-uteのリーダーとしてはもちろん、舞台「らん」などで女優としても活躍する矢島舞美を主演に迎え実写化! 現在、撮影はスタートしており、2011年5月に、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントよりDVDがリリース予定です!

 法で裁かれない悪を陰で処刑していく、さながら現代版“必殺仕事人”のようなハードな内容で人気を博した『ブラック・ エンジェルズ』(1981年〜85年まで連載)。1998年には『スーパージャンプ』に掲載の『マーダーライセンス牙』に主人公・雪藤が登場し、『マーダーライセンス牙&ブラック・エンジェルズ』とタイトルを変更して連載、そして2010には『別冊漫画ゴラク』(日本文芸社)にてスピンオフ作品『ザ・松田〜ブラック・エンジェルズ〜』が連載されており、今も根強いファンの支持を得ています。実写版にも期待しましょう!


<落合モトキからのコメント>
「原作を読み、自分が雪藤になれるのかという不安はありますが、一生懸命作り込んで、自分なりの雪藤にできれば良いと思っています。見所のアクションにも注目して下さい!」

<矢島舞美からのコメント>
「18歳の自分が、麗羅という大人の女性をしっかりと見せられるようにして行きたいと思います。練習を重ねてきたアクション含め、今まで自分が得た全てのものを全部出し切ります!」

<平松伸二からのコメント>
「自分の作品が映像化されるのは、30年くらい前に『ドーベルマン刑事』が映画、TVドラマ化されて以来であり、また自分の作品を違うメディアで取り扱ってくれることを大変嬉しく思います。落合モトキさん、矢島舞美さんには、原作のイメージにとらわれず、自分の若い感性で、雪藤、麗羅を演じて欲しいと思います」

※2011年5月、DVDリリース予定
■『ブラック・ エンジェルズ』
出演:落合モトキ、矢島舞美、榊英雄、本多章一、佐藤二朗
原作:平松伸二
監督:内田英治
脚本:勝冶京子
プロデューサー:柴田一成、川村英己、楠智晴 
製作:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
制作:アークエンタテインメント
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015