ニュース

平松伸二『ブラック・ エンジェルズ』、落合モトキ×矢島舞美(℃-ute)で実写化!

平松伸二   2010/12/07 15:17掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
平松伸二『ブラック・ エンジェルズ』、落合モトキ×矢島舞美(℃-ute)で実写化!
 1980年代に『週刊少年ジャンプ』で連載され一世を風靡したコミック、平松伸二『ブラック・ エンジェルズ』。幼少より数々のドラマや映画に出演し、イケメン俳優集団「NAKID BOYZ」のメンバーでもある落合モトキ、℃-uteのリーダーとしてはもちろん、舞台「らん」などで女優としても活躍する矢島舞美を主演に迎え実写化! 現在、撮影はスタートしており、2011年5月に、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントよりDVDがリリース予定です!

 法で裁かれない悪を陰で処刑していく、さながら現代版“必殺仕事人”のようなハードな内容で人気を博した『ブラック・ エンジェルズ』(1981年〜85年まで連載)。1998年には『スーパージャンプ』に掲載の『マーダーライセンス牙』に主人公・雪藤が登場し、『マーダーライセンス牙&ブラック・エンジェルズ』とタイトルを変更して連載、そして2010には『別冊漫画ゴラク』(日本文芸社)にてスピンオフ作品『ザ・松田〜ブラック・エンジェルズ〜』が連載されており、今も根強いファンの支持を得ています。実写版にも期待しましょう!


<落合モトキからのコメント>
「原作を読み、自分が雪藤になれるのかという不安はありますが、一生懸命作り込んで、自分なりの雪藤にできれば良いと思っています。見所のアクションにも注目して下さい!」

<矢島舞美からのコメント>
「18歳の自分が、麗羅という大人の女性をしっかりと見せられるようにして行きたいと思います。練習を重ねてきたアクション含め、今まで自分が得た全てのものを全部出し切ります!」

<平松伸二からのコメント>
「自分の作品が映像化されるのは、30年くらい前に『ドーベルマン刑事』が映画、TVドラマ化されて以来であり、また自分の作品を違うメディアで取り扱ってくれることを大変嬉しく思います。落合モトキさん、矢島舞美さんには、原作のイメージにとらわれず、自分の若い感性で、雪藤、麗羅を演じて欲しいと思います」

※2011年5月、DVDリリース予定
■『ブラック・ エンジェルズ』
出演:落合モトキ、矢島舞美、榊英雄、本多章一、佐藤二朗
原作:平松伸二
監督:内田英治
脚本:勝冶京子
プロデューサー:柴田一成、川村英己、楠智晴 
製作:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
制作:アークエンタテインメント
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015