ニュース

久石 譲が初の「第九」に挑む、ジブリ映画『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』の音楽も披露

久石譲   2013/10/07 15:20掲載
はてなブックマークに追加
久石 譲が初の「第九」に挑む、ジブリ映画『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』の音楽も披露
 久石 譲によるコンサート〈久石譲 第九スペシャル〉が12月13日(金)、東京「NHKホール」で開催決定! 通称“歓喜の歌”合唱パートへの参加者の一般公募も実施され、参加資格は、コーラスの経験は問わず、リハーサル全てに参加できることが条件(応募多数の場合は書類選考により決定)。

 久石は、ベートーヴェンの交響曲第五番「運命」と第七番を指揮したことはあったそうですが、意外にも「第九」は初めてとか。音楽家として「第九」は、どこかで通らなければと、かねてより考えてたそうで、2013年を総括する想いを込め、タクトを振ります。なお、久石は、2007年に開催された〈第25回記念「サントリー1万人の第九」〉で「第九」に捧げる序曲としてオリジナル曲「オルビス」を書いており、今回はこの序曲と共に披露されます。

 また、この日は“2013年を総括”ということで、映画『風立ちぬ』の音楽を、あの世界観に忠実に、バラライカ、バヤン、ギターを使ってアレンジした『風立ちぬ』組曲も披露。さらに、11月23日(土)公開の高畑 勲監督『かぐや姫の物語』の音楽も演奏予定曲目に入っています!

 チケットは11月9日(土)より発売。オフィシャル・サイト(www.hisaishi-daiku.com)では、10月8日(火)より先行で抽選申し込みを受け付けるとのこと! こちらもチェックを。

〈久石譲 第九スペシャル〉
12月13日(金)開場 18:15 / 開演 19:00
東京・NHKホール 全席指定 ¥8,000(※未就学児不可)

《出演》
指揮:久石 譲
管弦楽:読売日本交響楽団
ソプラノ:林正子
メゾソプラノ:谷口睦美
テノール:村上敏明
バス:妻屋秀和
オルガン:ジャン=フィリップ・メルカールト
合唱:栗友会と一般公募による


《演奏予定曲》
久石 譲 / バラライカ、バヤン、ギターと小オーケストラのための「風立ちぬ」小組曲
久石 譲 / 「かぐや姫の物語」より
久石 譲 / 「オルビス」〜混声合唱、オルガンとオーケストラのための
ベートーヴェン / 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」


《チケット》
11月9日(土)より発売。
オフィシャル・サイト(www.hisaishi-daiku.com)では、10月8日(火)より先行抽選受付。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015