ニュース

元キング・クリムゾンのイアン・ウォレスが死去

イアン・ウォレス(IAN WALLACE)   2007/02/26掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 キング・クリムゾンでの活動で知られるドラマーのイアン・ウォレスが、2月22日に死去しました。死因は食道ガン、享年60歳。

 イアンはクリムゾンが1971年に発表した4作目『アイランズ』(写真)からバンドに加入。翌72年にリリースされたライヴ・アルバム『アースバウンド』でもプレイしています。クリムゾン以外でもボブ・ディランボニー・レイットキース・エマーソンなど、多数の有名ミュージシャンの作品やツアーにおいて、その腕を振るっていました。また、後年にはクリムゾンの初期メンバーが中心となって始動した、21st センチュリー・スキッツォイド・バンドにも参加。2003年には来日も果たしています。

 昨年9月にはボズ・バレルが死去しており、『アイランズ』期にクリムゾンでプレイしていたリズム隊がともに亡くなってしまったことになります。現在、クリムゾンのさまざまなライヴ音源をダウンロード販売しているDGM Liveでは、彼を追悼する「My Hobby」と「The Sailor's Tale」が無料配信中。心からご冥福をお祈り致します。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015