ニュース

初代リン・ミンメイ役、飯島真理のニュー・アルバムが完成!

飯島真理   2009/09/02 15:45掲載
はてなブックマークに追加
初代リン・ミンメイ役、飯島真理のニュー・アルバムが完成!
 シンガー・ソングライターであり、プロデューサーでもある飯島真理の才能が集結した21枚目のオリジナル・アルバム『Echo』が9月2日にいよいよリリース!

 前作『アンコンプロマイジング イノセンス』リリース後から約2年間にわたって練り上げられ、極めてオリジナルな作品に仕上がった『Echo』。ミュージシャンとしてだけでなく、今回はほぼすべてのパートの録音を彼女が自ら手がけており、プロデューサーとしての力量も十分に伝わるものとなっています。

 ゲスト・ミュージシャンには、彼女の長年の友人でもある音楽界のレジェンド、ヴァン・ダイク・パークスをはじめ、1985年リリースのアルバム『Kimono Stereo』から久しぶりの共演となる、アラン・パーソンズ・プロジェクトのギタリスト、イアン・ベアンソンが参加しており、ミキシングは、90年代にはプリンスのヒット作品たちを世に送り出したMichael Koppelmanが担当。マスタリングは、飯島自身がロンドンに約20年ぶりに出向き、オアシススティングの作品で知られるベテラン・エンジニア、Ian Cooperと共に行ないました。 国境を越えて創られた、インストゥルメンタルを含む全12曲。荘厳な弦の響きから始まるこのアルバムは、全編に渡り光と影に彩られた幻想的な世界が広がっています!

 9月には、年に1度行なわれる日本での恒例ライヴも開催決定、さらに今年2009年は飯島真理がリン・ミンメイ役で大ブレイクしたアニメ『超時空要塞マクロス』(1982〜83年放送)第1話で描かれた“マクロス進宙式”が行なわれた記念の年ということで、10月に幕張メッセで開催される〈マクロスシリーズ“超時空イベント”第2弾「MACROSS CROSSOVER LIVE」〉への出演も発表に。こちらもお忘れなく!


※9月2日発売
飯島真理『Echo』
(DDCZ-1633 税込2,800円)
01. Intruder
02. Echo
03. Pursed Lips
04. Suki To Ienai
05. Hera/The Queen
06. Twinkles
07. Your Wedding Is My Funeral
08. Can I Be Your Lover
09. Like Never Before
10. Hello Good Bye
11. Imaginary Love
12. Unrequited

〈飯島真理 ライヴ・スケジュール〉
■Mari Iijima Live Concert 2009“Echo”
【日程】9月5日(土)
【開場/開演】17:30/18:30
【会場】白寿ホール

■マクロスシリーズ“超時空イベント”第2弾「MACROSS CROSSOVER LIVE」
【日程】10月17日(土)、18日(日)
【会場】幕張メッセ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015