ニュース

イリアが初音ミクと奇蹟のコラボ、「ジェニーはご機嫌ななめ」をデュエット!

イリア   2011/08/31 14:27掲載
はてなブックマークに追加
イリアが初音ミクと奇蹟のコラボ、「ジェニーはご機嫌ななめ」をデュエット!
 1980年に近田春夫のプロデュースで、デビュー曲「ジェニーはご機嫌ななめ」がいきなりの大ヒットとなったジューシィ・フルーツ。そのヴォーカル&リード・ギターのイリアが、ボーカロイド界のスーパースター「初音ミク」とデュエット!

 今回、イリアと初音ミクがデュエットした楽曲「ジェニーはご機嫌ななめ(イリミクver.)」は、サエキけんぞうが“ニューウェイヴほぼ30周年祭”の一環としてプロデュースするボーカロイド・コンピレーション・アルバム『初音ミク sings ニューウェイヴ』(10月26日発売)にスペシャル・トラックとして収録。“肉声 VS 合成音声”の対比が、現代の音楽事情を反映して面白いのでは……と、サエキけんぞうがイリアに声をかけたとのこと。また、イリアはヴォーカルだけでなく、ご機嫌なリードギターの腕前も披露しており、「初音ミクさんとのデュエットだから楽しみにしていました。30年前の自分とは違う歌を歌えたと思います。そして、30年も経っている曲をボーカロイドに歌ってもらえるのは光栄です」と語っており、サエキは、「近田P(春夫)さんも喜んでいるのでは(笑)? 聴き比べてみると、ジューシィのオリジナルとは全く違う味わいがあって、体温の低い初音ミクの歌い方のほうが、圧倒的にテクノの香りは強い。当時は人間がテクノ的なサウンドに近づけようとしていたけど、現代はテクノが人間に近づこうとしている。バンド・サウンドとテクノの味わいの違いを楽しんでください」とコメントを寄せています。

 このアルバムでは、「ニコニコ動画」などで活躍する実力派ボーカロイドP(うどんゲルゲ、ぶっちぎりP、Mitchie Mなど)たちが、初音ミク、鏡音リン、巡音ルカといったボーカロイドを駆使し、ニューウェイヴの代表曲、名曲の数々に新たな息吹を与え、カヴァー! なお、アルバム発売に先駆け、初音とイリアの競演はアルバム・プロデューサーのサエキけんぞう主催によるイベント<TOgetherWOMB〜渋谷のAKIBA文化祭〜>(9月17日、渋谷WOMBにて開催)にてライヴお披露目されることも決定。

 なお、『初音ミク sings ニューウェイヴ』より、初音ミクが歌う「ジェニーはご機嫌ななめ」(イリアとのデュエット・ヴァージョンではありません)と、P-MODELの名曲「美術館で会った人だろ」(ヴォーカル:鏡音リン with 初音ミク)が、9月14日(水)に先行配信スタート。こちらも注目を。


イリア&サエキけんぞう
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015