ニュース

篠笛奏者・狩野泰一がジャズ・アルバム『SOUND OF THE WIND』をリリース

狩野泰一   2017/01/16 17:21掲載
はてなブックマークに追加
篠笛奏者・狩野泰一がジャズ・アルバム『SOUND OF THE WIND』をリリース
 世界各地で演奏活動を行っている日本古来からの楽器「篠笛」の第一人者・狩野泰一が、2010年の『しあわせに』『竹のうた Bamboo Songs』以来約7年ぶりとなるニュー・アルバム『SOUND OF THE WIND』(CD YCCS-10061 2,778円 + 税)を3月8日(水)にリリース。

 狩野泰一の篠笛は、絶妙な息づかいによる多彩な音の表現が特徴。自らの息遣い(THE WIND)がメロディとなり、音楽(SOUND)となってゆくことをテーマに制作され、日本の伝統楽器としての枠を超えて篠笛のスタイルを新しく切り拓きたいという思いが込められた『SOUND OF THE WIND』は、吉野弘志(ベース)、ヤヒロトモヒロ(パーカッション)、林 正樹(ピアノ)ら実力派ミュージシャンを迎えたジャズ・アルバムとなっており、オリジナル曲に加え、日本古謡、「Over The Rainbow」「Moon River」といった洋楽名曲カヴァーなどをジャズ・アレンジで披露する全13曲入り。卓越したプレイヤー陣によるジャズならではの即興性で、音色やグルーヴのみならず楽器演奏で会話をしているかの如き空気感や臨場感をも味わうことができます。なお、現在NHK「日本の話芸」のテーマ音楽となっている楽曲「音紬ぎ」もボーナストラックとして収録。

拡大表示


■2017年3月8日(水)発売
狩野泰一
SOUND OF THE WIND

CD YCCS-10061 2,778円 + 税

[収録曲]
01. I・NO・RI(オリジナル)
02. Over The Rainbow
03. こきりこ節(富山県民謡)
04. 佐渡おけさ(佐渡民謡)
05. 砂山(日本古謡)
06. Moon River
07. 夕焼け小焼け(日本古謡)
08. KA!(オリジナル)
09. さくら(日本古謡)
10. Summertime
11. 夕暮れ(オリジナル)
12. MATSURI(オリジナル)
13. 音紬ぎ(NHK 日本の話芸 テーマ曲) *
* ボーナストラック

狩野泰一(篠笛)ユニット
SOUND OF THE WIND
〜芸能活動30周年、CD発売記念〜

2017年4月15日(土)東京 六本木 CLAPS
2017年4月19日(水)長野 豊丘村交流学習センター「ゆめあるて」2017年4月20日(木)兵庫 尼崎 ライクスホール
2017年4月21日(金)大阪 梅田 ロイヤルホース
2017年4月22日(土)愛知 名古屋 Jazz inn Lovely

Art Mix Japan Niigata 2017
アートミックスジャパン

2017年4月23日(日)
新潟市民プラザ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015