ニュース

KEMURI、今年いっぱいの活動で解散することを発表

ケムリ   2007/02/15掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 活動のテーマとして“P.M.A.”(positive mental attitude=肯定的精神姿勢)を掲げ、ワールドワイドに活躍するSKAパンク・バンド、KEMURI。残念なことに、今年の12月19日・Zepp TOKYOで行なわれるライヴをもって解散することが公式サイトで発表されました。Blogなどでも語られているように、現在彼らは最後の音源となるオリジナル・アルバム『our PMA』(5月23日、avex ioより発売予定)をアメリカで制作中。ファンとともに「最高な最後の1年間!」を作り上げるべく、動き始めた彼らにぜひ注目を。

 イベント出演の後には、6月に“our PMA”ツアー、そしてラスト・ツアーとなる“our PMA 1995〜2007”を11月にスタートと、2本の全国ツアーを開催予定。12年間に及ぶその歴史を体感すべく、ライヴ会場へ向かいましょう。
(写真は『PRINCIPLE』
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015