ニュース

NYシンガー・ソングライターKendra Morris、デビュー・アルバムが国内盤で登場!

 米NYを拠点に活動、70sソウルを彷彿とさせるソングライティングと歌声をリヴァイヴァル的レイドバックを感じさせない新鮮さで聴かせる楽曲群で注目を集めているシンガー・ソングライター、Kendra Morris(ケンドラ・モリス)。昨年「Wax Poetics Records」(www.waxpoetics.com/records)よりリリースした待望のデビュー・アルバム『Banshee』が、ボーナス・トラック収録の国内盤(BRC-364 税込1,980円)で登場!1月26日(土)発売です。

 バンドでプレイしていた両親の下、幼い時分よりMarvin GayeTHE SPINNERSTHE JACKSON 5Stevie WonderTHE TEMPTATIONSWARといった70s ソウル / R&Bを好んで聴いていたというKendra Morris。8トラックのMTRを手にして以来単身作曲に勤しみ、2007年にデビューEP『This Wont Hurt A Bit』をリリース。その後もEPのリリースを続け、2011年には米国作曲家作詞家出版社協会による“ホリー賞”を獲得しています。

 Amy Winehouseを思わせるヴィンテージとモダンの新鮮な融合と、本場USならではのグルーヴ。リヴァイヴァルを念頭に置いていない、ナチュラルに生み出されるソングライティング。モダン・ソウルのファンのみならず、所謂SSWもののファンにもおすすめできる良作です。国内には名匠DJ PREMIER(GANG STARR)のリミックスを含む3曲をボーナス収録しています。



■2013年1月26日(土)発売
Kendra Morris
『Banshee』

BRC-364 税込1,980円

[収録曲]
01. Waiting
02. Pow
03. If You Didn't Go
04. Concrete Waves
05. Right Now
06. The Plunge
07. Here
08. Today
09. Just One More
10. Old Photos
11. How You Want It
12. Banshee
13. These Eyes *
14. Spring Teeth *
15. Concrete Waves(DJ Premier 320 Remix) *
*国内盤ボーナス・トラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 日本のジャズ新時代を告げる重要作をリリースした宮川 純に柳樂光隆(JTNC)が迫る【前編】[インタビュー] 学術的なことでは補えない大事なものが音楽にはある――音楽家・未知瑠と創作の源泉
[インタビュー] テーマは私自身のなかに潜在する――土岐麻子、2年ぶりのアルバムは“都会で暮らす不惑の女性のサウンドトラック”[インタビュー] 25年間やってきたご褒美みたいなアルバム――ROLLY渾身のトリビュート・アルバムをリリース
[インタビュー] やれることはいっぱいある――「Aviator / Boogie Aroma」までの変化とこれからのEspecia[インタビュー] 悲しむことを知らないと、喜びの感じ方もわからなくなってしまう――川嶋あい「とびら」に込めた思い
[インタビュー] 未来よりも、もっと先へ――Drop[インタビュー] 憧れは決して消えない――GLIM SPANKY、1stアルバム『SUNRISE JOURNEY』をリリース
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015