ニュース

ピアニストの小林愛実、リストとショパンを収めたワーナークラシックス第1弾アルバムをリリース

小林愛実   2018/02/14 12:54掲載
はてなブックマークに追加
 9歳で国際デビューを果たし、2010年に14歳で旧EMIレーベルよりCDメジャー・デビューするなど、ごく若い頃から活躍してきたピアニストの小林愛実が、ワーナークラシックスからの第1弾アルバム『ニュー・ステージ〜リスト&ショパンを弾く』(WPCS-13760 2,800円 + 税)を4月4日(水)にリリース。

 小林は1995年山口県生まれ。桐朋学園大学付属高校音楽科に全額奨学金特待生として入学したのち、2013年よりフィラデルフィア・カーティス音楽院に留学。2015年(20歳)には〈第17回ショパン国際ピアノ・コンクール〉に出場し、ファイナリストに進出しました。

 2011年に旧EMIレーベルよりリリースした2枚目のアルバム『ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ「熱情」』から6年を経てリリースするのは、小林が得意とする2人の作曲家、ショパンとリストの名曲。ショパンのピアノ・ソナタ第2番やリストの『巡礼の年第2年 イタリア』からの作品など、テクニック的にも難曲として知られる作品が選曲されています。

■2018年4月4日(水)発売
小林愛実
ニュー・ステージ〜リスト&ショパンを弾く

WPCS-13760 2,800円 + 税

[収録曲]
ショパン: ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op.35
リスト: ペトラルカのソネット第47番、第104番、第123番(『巡礼の年第2年 イタリア』より)
リスト: ダンテを読んで−ソナタ風幻想曲(『巡礼の年第2年 イタリア』より)
リスト: 愛の夢第3番
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015