ニュース

KOKIA、配信シングル3部作/第2章は“母”と“クリスマス”!

KOKIA   2009/10/22 15:28掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
KOKIA、配信シングル3部作/第2章は“母”と“クリスマス”!
 世界中に感動を与えるシンガー・ソングライター、KOKIA。12月2日に発売されるベスト・コレクション第2弾『Coquillage 〜The Best CollectionII〜』に先駆け、大好評の配信限定シングルを11月18日に配信します!

 “Life Trilogy〜いのちの3部作〜”と銘打たれた、3部作の第2章にあたる本作。タイトルは「single mother/クリスマスの響き」。

 お互いにかけがえのない存在である母と子の絆を、私小説のようなリアリティで描いた「single mother」、世界中の人々の心の安息を祈るクリスマス・ソング「クリスマスの響き」、チャーミングな遊び心が楽しい「白い犬と踊る夜」、そして恒例となった洋楽カヴァーは、喜劇王チャップリン自らが映画『モダンタイムス』の主題歌として作り、マイケル・ジャクソンが生前最も愛したといわれる「Smile」、収録された全4曲すべて新録! クリスマス・シーズンにぴったりの、心が洗われるような珠玉の作品に仕上がりました。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015