ニュース

新国立劇場開場20周年記念、ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』を新制作上演

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig Van Beethoven)   2018/04/02 13:00掲載
はてなブックマークに追加
新国立劇場開場20周年記念、ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』を新制作上演
 オペラ、バレエ、ダンス、演劇という現代舞台芸術のための日本唯一の国立劇場、新国立劇場が開場20周年を迎えることを記念し、〈新国立劇場 開場20周年記念特別公演 新国立劇場 2017/2018 シーズンオペラ ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン『フィデリオ』〉を新制作上演。

 『フィデリオ』はベートーヴェン唯一のオペラ。世界各地の劇場でこけら落としなどの特別な機会に上演される祝祭的な作品です。ストーリーは、不当に監禁された夫を男装した妻レオノーレが救い出すというもので、劇的迫力に満ちた音楽が物語を牽引します。

 本公演は、作曲家リヒャルト・ワーグナーのひ孫であり、バイロイト音楽祭総監督として世界的に注目を浴びる女性演出家、カタリーナ・ワーグナー(Katharina Wagner)による新演出。斬新な視点で知られるワーグナーがベートーヴェンの深い哲学をいかに視覚化するのか、注目されています。

 指揮は、ドイツ音楽にとくに造詣が深く、ベートーヴェンを長年探求してきた飯守泰次郎。同劇場オペラ芸術監督として任期4年の最終盤を迎え、みずから入魂のタクトを振ります。出演者には、ステファン・グールド(Stephen Gould)、リカルダ・メルベート(Ricarda Merbeth)、妻屋秀和ら、飯守監督の信頼厚い内外のトップ歌手がそろい踏みし、万全の布陣での上演となります。

拡大表示拡大表示


新国立劇場 開場20周年記念特別公演
新国立劇場 2017/2018 シーズンオペラ
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
『フィデリオ』(新制作)

www.nntt.jac.go.jp/opera/fidelio/index.html

東京 渋谷 新国立劇場 オペラパレス
2018年5月20日(日)14:00〜
2018年5月24日(木)14:00〜
2018年5月27日(日)14:00〜
2018年5月30日(水)19:00〜
2018年6月2日(土)14:00〜

全2幕(ドイツ語上演 / 字幕付)

[チケット]
S: 27,000円 / A: 21,600円 / B: 15,120円 / C: 8,640円 / D: 5,400円 / Z: 1,620円
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』
[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表
[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」
[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌
[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015