ニュース

LUNA SEA、ツアー・ファイナルとなる大阪城ホールで“重大発表”

LUNA SEA   2015/03/02 15:20掲載
はてなブックマークに追加
LUNA SEA、ツアー・ファイナルとなる大阪城ホールで“重大発表”
 2月28日(土)、3月1日(日)、LUNA SEAが25周年記念ツアー〈THE LUNATIC -A Liberated Will-〉の東京国際フォーラム公演を2デイズ開催。2日目、アンコールも全て終え会場中に熱狂の声がこだまする中、メンバーのRYUICHI(vo)より、「次のファイナル大阪城ホールで、俺たちは一度止まります。ただ俺たちが考えている未来は、今みんなが感じているようなネガティブなもんじゃないから。きっとそんな未来を、大阪でみんなに発表出来ると思うんで、楽しみに待っててくれよ!」とMC。ツアー・ファイルとなる3月14日(土)の大阪城ホール公演に、さらなる注目が集まっています。

 「もう出会った時から25年も経つんだよ、ビックリだよね。町田プレイハウスで出会って、5人でやっていこう、俺ら絶対に一番になれるハズだからって。あの頃のエネルギーって本当に凄まじかったんだけど、当時俺たちのやってることは、まわりの人には全く理解されなかった(笑)」(RYUICHI)と、結成当時を懐かしく振り返る場面もあった東京国際フォーラム公演2日目。ドラム・ソロ明けには、終幕前最後のアルバムとなった『LUNACY』の1曲目を飾った「Be Awake」を本ツアーで初めて披露され、超満員のファンもそのサプライズに大きな声援で応えるなど、凄まじい盛り上がりとなりました。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015