ニュース

ボーイ・ジョージやサイモン・ル・ボンら参加、マーク・ロンソンの最新作が日本発売決定

マーク・ロンソン(MARK RONSON)   2010/08/10 14:11掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ボーイ・ジョージやサイモン・ル・ボンら参加、マーク・ロンソンの最新作が日本発売決定
 ヒップホップの枠にとらわれないクロスオーヴァーなサウンドを生み出す、マーク・ロンソン(Mark Ronson)。リミキサーやプロデューサーとしても名を馳せる彼の最新ソロ・アルバム『レコード・コレクション(Record Collection)』(写真)が日本でも発売に。国内盤(SICP-2843 税込2,310円)は9月29日で、国内盤のみのボーナス・トラック追加も予定されています。

 以前に海外盤をお伝えしたように、本作は“マーク・ロンソン・アンド・ザ・ビジネス・インターナショナル(Mark Ronson and The Business Intl)”名義でのリリースで、前作『ヴァージョン』(2007年)以来、3年ぶりのリリース。先行シングルとしてiTunes(海外のみ)で発売されたQ-Tipらをフィーチャーした「Bang Bang Bang」や、ボーイ・ジョージカルチャー・クラブ)が参加した「Somebody To Love Me」ほか、サイモン・ル・ボンデュラン・デュラン)、ディアンジェロらをフィーチャリング・アーティストとして招いた楽曲を収録しています。

 公式サイト(http://www.markronson.co.uk/)ほかでは、新作からのビデオ・クリップも公開中。ファミコンの某有名アクションRPGを彷彿とさせる8ビット画が話題の「Circuit Breaker」、日本の特撮番組の変身シーンを彷彿とさせるシーンも登場する「Bang Bang Bang」と、日本人なら映像も気になる仕上がり。クリップのチェックもお忘れなく!




●『レコード・コレクション』

・Bang Bang Bang
・Somebody To Love Me
・Circuit Breaker
ほか
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
[インタビュー] お箏ほどしっくりくる楽器はない――筝曲界の新星LEO、箏の可能性を追求するデビュー・アルバム[インタビュー] 今まででいちばん“物語”だけど、いちばん“自分”だと言える 吉澤嘉代子『屋根裏獣』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015