ニュース

ボーイ・ジョージやサイモン・ル・ボンら参加、マーク・ロンソンの最新作が日本発売決定

マーク・ロンソン(MARK RONSON)   2010/08/10 14:11掲載
はてなブックマークに追加
ボーイ・ジョージやサイモン・ル・ボンら参加、マーク・ロンソンの最新作が日本発売決定
 ヒップホップの枠にとらわれないクロスオーヴァーなサウンドを生み出す、マーク・ロンソン(Mark Ronson)。リミキサーやプロデューサーとしても名を馳せる彼の最新ソロ・アルバム『レコード・コレクション(Record Collection)』(写真)が日本でも発売に。国内盤(SICP-2843 税込2,310円)は9月29日で、国内盤のみのボーナス・トラック追加も予定されています。

 以前に海外盤をお伝えしたように、本作は“マーク・ロンソン・アンド・ザ・ビジネス・インターナショナル(Mark Ronson and The Business Intl)”名義でのリリースで、前作『ヴァージョン』(2007年)以来、3年ぶりのリリース。先行シングルとしてiTunes(海外のみ)で発売されたQ-Tipらをフィーチャーした「Bang Bang Bang」や、ボーイ・ジョージカルチャー・クラブ)が参加した「Somebody To Love Me」ほか、サイモン・ル・ボンデュラン・デュラン)、ディアンジェロらをフィーチャリング・アーティストとして招いた楽曲を収録しています。

 公式サイト(http://www.markronson.co.uk/)ほかでは、新作からのビデオ・クリップも公開中。ファミコンの某有名アクションRPGを彷彿とさせる8ビット画が話題の「Circuit Breaker」、日本の特撮番組の変身シーンを彷彿とさせるシーンも登場する「Bang Bang Bang」と、日本人なら映像も気になる仕上がり。クリップのチェックもお忘れなく!




●『レコード・コレクション』

・Bang Bang Bang
・Somebody To Love Me
・Circuit Breaker
ほか
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015