banner image
 
ニュース

ジャクソンズ来日!<マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ>に1万人が熱狂!

ジャクソンズ来日!<マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ>に1万人が熱狂!
 12月13日(月)、東京・代々木第一体育館で<MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE>が開催され、約1万人の観客が集結。3時間に及ぶ豪華なステージが繰り広げられました。

 ライヴは3部構成で進行。

 第1部は、ケント・モリ・プロデュースによるダンスのみによって表現される“DANCE STAGE”。総勢90にも及ぶダンサーを従え、マイケルのヒット曲の世界観をメドレー形式で表現。マドンナのステージでしか観られなかったケント・モリのスペシャルなソロ・ダンスほか、マイケルの振り付け師だったトラヴィス・ペインと、またマイケルと共演経験のあるユーコ・スミダ・ジャクソンの豪華共演も実現するなど、一大スペクタクルを展開。

 そして第2部“SONG STAGE”は、CHEMISTRY川畑要JUJU久保田利伸(13日のみの出演)らをはじめとする実力派豪華アーティストが登場! 『オフ・ザ・ウォール』から最新アルバム『MICHAEL』までのオリジナル・アルバムすべてから、新しいアルバムから順に時間をさかのぼっていく形で、選りすぐりの名曲全11曲を再現しました。

 第3部は、38年ぶりの来日となったジャクソンズが登場する“THE JACKSONS STAGE”! メイン・ヴォーカルにAIを迎え、往年のヒットチューンをこれまた余すところなく当時のアレンジで全8曲再現しました。

 音楽監督に現在ジャネット・ジャクソンの世界ツアーの音楽監督でもあるREXを迎え、バンド・メンバーには『THIS IS IT』からのオリジナル・バンド・メンバーの2名が参加、そして振り付けはトラヴィス・ペイン&ステイシー・ウォーカー(THIS IS ITの振り付け師)が担当するなど、細部まで“マイケル・ジャクソン”にこだわった感動的なステージとなりました。

 なお、このイベントは、14日(水)も同会場で行なわれます。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] サム・リー×東野珠実(笙)、稲葉明徳(篳篥) 英国と日本、2国の伝統音楽が交わる一夜限りのコンサート[インタビュー] 【伊藤ゴロー Ito Goro】ジャキス・モレレンバウムとともに、アントニオ・カルロス・ジョビンの楽曲を中心に録音したデュオ・アルバムを発表
[インタビュー] 森は生きている、さらなる音楽的進化を遂げた2nd アルバム『グッド・ナイト』完成![インタビュー] “正解はあるというゲーム”――東京ノイズ・アーキテクトENDON、初のフル・アルバム『Mama』をリリース
[インタビュー] 清 竜人25特集: 清 竜人 ロング・インタビュー[インタビュー] “冬の匂いから蘇る記憶”をテーマにした、Salley、極上のウィンター・ソングが完成!
[インタビュー] ギタリスト小沼ようすけがジャズへの思いを素直に出したアルバムを作った理由[特集] 特集:アップアップガールズ(仮)は一体何処で戦っているんだっ!!
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015