ニュース

ジャクソンズ来日!<マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ>に1万人が熱狂!

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)   2011/12/14 14:57掲載
はてなブックマークに追加
ジャクソンズ来日!<マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ>に1万人が熱狂!
 12月13日(月)、東京・代々木第一体育館で<MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE>が開催され、約1万人の観客が集結。3時間に及ぶ豪華なステージが繰り広げられました。

 ライヴは3部構成で進行。

 第1部は、ケント・モリ・プロデュースによるダンスのみによって表現される“DANCE STAGE”。総勢90にも及ぶダンサーを従え、マイケルのヒット曲の世界観をメドレー形式で表現。マドンナのステージでしか観られなかったケント・モリのスペシャルなソロ・ダンスほか、マイケルの振り付け師だったトラヴィス・ペインと、またマイケルと共演経験のあるユーコ・スミダ・ジャクソンの豪華共演も実現するなど、一大スペクタクルを展開。

 そして第2部“SONG STAGE”は、CHEMISTRY川畑要JUJU久保田利伸(13日のみの出演)らをはじめとする実力派豪華アーティストが登場! 『オフ・ザ・ウォール』から最新アルバム『MICHAEL』までのオリジナル・アルバムすべてから、新しいアルバムから順に時間をさかのぼっていく形で、選りすぐりの名曲全11曲を再現しました。

 第3部は、38年ぶりの来日となったジャクソンズが登場する“THE JACKSONS STAGE”! メイン・ヴォーカルにAIを迎え、往年のヒットチューンをこれまた余すところなく当時のアレンジで全8曲再現しました。

 音楽監督に現在ジャネット・ジャクソンの世界ツアーの音楽監督でもあるREXを迎え、バンド・メンバーには『THIS IS IT』からのオリジナル・バンド・メンバーの2名が参加、そして振り付けはトラヴィス・ペイン&ステイシー・ウォーカー(THIS IS ITの振り付け師)が担当するなど、細部まで“マイケル・ジャクソン”にこだわった感動的なステージとなりました。

 なお、このイベントは、14日(水)も同会場で行なわれます。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015