ニュース

MISIA、ミュージック・ビデオでウルトラマンと共演!

Misia   2009/12/09 15:44掲載
はてなブックマークに追加
MISIA、ミュージック・ビデオでウルトラマンと共演!
 究極のバラード・アルバム『JUST BALLADE』と同日、12月16日に発売されるMISIAのニュー・シングル「星のように…」。ミュージック・ビデオがついに完成! この曲は、12月12日(土)公開のウルトラ・シリーズ最新映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の主題歌ということもあり、ミュージック・ビデオには歴代のウルトラ・シリーズを制作している円谷プロが全面協力、しかも初代ウルトラマンと人気怪獣達も出演した全編オリジナル・ストーリーのムービーとなっています!

 円谷プロダクションがアーティストのミュージック・ビデオの制作に参加するというのは、これが史上初。歴代のウルトラ・シリーズを撮影してきた大岡新一(現・円谷プロダクション代表取締役社長)が自らカメラを回し、照明、ジオラマ制作、造形、CGなどのウルトラシ・リーズ制作スタッフが集結。なお監督はこれまでMISIAの数々の名ミュージック・ビデオを担当してきた上村右近が手掛け、制作スタッフも異色のコラボに!

 ストーリーは、カラータイマーが消え、とある小学校の校庭に横たわっているウルトラマンを発見した子供たちが、力を合わせて作った手作りの風力発電機で電気を起こし、カラータイマーにライトの光を当てて蘇らせようと力を合わせるが……というもの。レーベル・サイトではフル視聴が可能となっていますので、ぜひチェックを。

 またシングルのカップリングには、ウルトラマンや怪獣の声、さらに光線音などがふんだんに入った“Remix Ver.”も収録。初回生産限定盤は初代ウルトラマン・ゴールドフィギュア付き豪華BOX仕様となっており、通常盤はMISIA+ウルトラマン柄ジャケット仕様! ウルトラマン・ファンも必携です!


<MISIAからのコメント>
ウルトラマンの映画の主題歌を担当させて頂くことになり、1番最初に思い浮かんだ言葉は「星」です。星の光は何億光年先から地球に届いて、でも、その届いたときには、その星はなくなっているかもしれない。でも、光は残り、人々を魅了する。星のように輝き続け、ウルトラマンのように愛される曲になってほしいと願います。(from MISIA)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015