ニュース

観月ありさ、20年前に初めて立ったステージでアニバーサリー・ライヴ開催!

観月ありさ   2011/05/16 16:52掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
観月ありさ、20年前に初めて立ったステージでアニバーサリー・ライヴ開催!
 歌手デビュー20周年を迎えた観月ありさが5月15日(日)、記念すべきアニバーサリー・ライヴを行ないました。会場となった渋谷egg manは、観月ありさが20年前の今日、デビュー・ライヴを行なった思い出の場所。3,000通の応募から当選した50名が招待され、「TOO SHY SHY BOY!」や「エデンの都市」など懐かしい曲も披露され、大盛り上がりとなりました。

 また、デビュー曲「伝説の少女」を歌う際、スペシャル・ゲストとして作詞 / 作曲を手がけた尾崎亜美がステージに呼びこまれ、尾崎のキーボード1本で観月が歌い上げるスペシャル・セッションも! 観月は「20年ぶりにこのステージに立てて嬉しかった。7年ぶりのライヴとあって終止緊張して、最後の歌の時には感極まって、涙がこぼれそうなのを我慢しながら笑顔で歌いました。感謝の気持ちで一杯です」と、思いを伝えています。

 また、5月25日には20周年記念アルバム『SpeciAlisa』が発売。収録曲は全て、彼女がリスペクトするアーティストや、友人たちに自ら直接楽曲の制作をオファーし、完成したもの。参加アーティストには、DREAMS COME TRUE小室哲哉、尾崎亜美、綾小路 翔氣志團)、小泉今日子大橋トリオなど豪華なラインナップに。5月16日より、レコチョクではアルバム収録曲「Will Love」「ALISA IN WONDERLAND」「あなたが笑えば」が配信スタート。こちらもチェックを。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015