音楽出版社 データ提供サービス
ニュース

観月ありさ、20年前に初めて立ったステージでアニバーサリー・ライヴ開催!

観月ありさ   2011/05/16 16:52掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除するはてなブックマークに追加
観月ありさ、20年前に初めて立ったステージでアニバーサリー・ライヴ開催!
 歌手デビュー20周年を迎えた観月ありさが5月15日(日)、記念すべきアニバーサリー・ライヴを行ないました。会場となった渋谷egg manは、観月ありさが20年前の今日、デビュー・ライヴを行なった思い出の場所。3,000通の応募から当選した50名が招待され、「TOO SHY SHY BOY!」や「エデンの都市」など懐かしい曲も披露され、大盛り上がりとなりました。

 また、デビュー曲「伝説の少女」を歌う際、スペシャル・ゲストとして作詞 / 作曲を手がけた尾崎亜美がステージに呼びこまれ、尾崎のキーボード1本で観月が歌い上げるスペシャル・セッションも! 観月は「20年ぶりにこのステージに立てて嬉しかった。7年ぶりのライヴとあって終止緊張して、最後の歌の時には感極まって、涙がこぼれそうなのを我慢しながら笑顔で歌いました。感謝の気持ちで一杯です」と、思いを伝えています。

 また、5月25日には20周年記念アルバム『SpeciAlisa』が発売。収録曲は全て、彼女がリスペクトするアーティストや、友人たちに自ら直接楽曲の制作をオファーし、完成したもの。参加アーティストには、DREAMS COME TRUE小室哲哉、尾崎亜美、綾小路 翔氣志團)、小泉今日子大橋トリオなど豪華なラインナップに。5月16日より、レコチョクではアルバム収録曲「Will Love」「ALISA IN WONDERLAND」「あなたが笑えば」が配信スタート。こちらもチェックを。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 出自はノイズ、その仲間への嫌がらせとしてポップを作り始めた――会心の一作『アート・エンジェルズ』への道程[インタビュー] 自主レーベル“Happy Field Records”からの新作『Something New』――福原美穂が挑む新章
[インタビュー] 全部思いの裏返し――北村早樹子、大変身を遂げた意欲作『わたしのライオン』[インタビュー] 「イエスタデイ」は新しい世界を開いてくれた――ミロシュ、“ビートルズ愛”を込めた4thアルバムをリリース
[特集] [クローズアップアイテム]接試聴で際立つ定位の良さと音場表現の豊かさ――REVOX Re:sound G shelf[インタビュー] 出会うんだったら、そのうち必然的に出会う――対談: 王舟 x 安部勇磨(never young beach) 後編
[インタビュー] ラウド・バンドに殴り返されたコンプレックス――ギルガメッシュ、『鵺-chimera-』[インタビュー] ギミックやトリックのない“自分そのまま”をどう出せるか――PUSHIM、オリジナル・アルバム『F』をリリース
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015