ニュース

ジャズ・ピアニスト大西順子、8年ぶりのピアノ・トリオ作品と初バラッド集を同時発売

大西順子   2017/09/19 13:34掲載
はてなブックマークに追加
ジャズ・ピアニスト大西順子、8年ぶりのピアノ・トリオ作品と初バラッド集を同時発売
 ジャズ・ピアニストの大西順子が、8年ぶりとなるピアノ・トリオ作品『GLAMOROUS LIFE』(SCOL-1025 2,778円 + 税)と、自身初のバラッド集『VERY SPECIAL』(SCOL-1024 2,778円 + 税)を11月15日(水)に2作同時リリース。

 ジャズ・シーンに衝撃を与えたデビュー作『ワウ』を約25年前にリリースした大西。昨年は菊地成孔プロデュースによるアルバム『Tea Times』を発表して話題となりましたが、『GLAMOROUS LIFE』はピアノ・トリオ作品としては2009年リリースの『楽興の時』以来、8年ぶり。今作では、ベースに井上陽介、ドラムに高橋信之介を迎え、オリジナル曲のほかウェザー・リポートオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドらのカヴァーを収録。また、1997年に〈モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉で演奏し、『プレイ・ピアノ・プレイ〜大西順子トリオ・イン・ヨーロッパ』に収録されている「Kutoubia」を新たなトリオで再録音しています。タイトルは“魅力的で充実した人生”の意。25周年の節目となる作品です。

 一方、初バラッド集『VERY SPECIAL』は、彼女が10年以上も前から温め続けていた楽曲をセレクトし、大西のピアノにゲストを迎えた編成で、シンプルに彼女のピアノとメロディを楽しめる内容になっています。

■2017年11月15日(水)発売
大西順子
『GLAMOROUS LIFE』

SCOL-1025 2,778円 + 税

[収録予定曲(曲順未定)]
Fast City / Tiger Rag / Larry Shields / Almost Like Me / Kutoubia 2017
ほか全9曲収録予定
 
[演奏]
大西順子(p)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)


■2017年11月15日(水)
大西順子
『VERY SPECIAL』

SCOL-1024 2,778円 + 税

[収録曲]
01. Very Special〜Intro〜
02. I Cover The Water Front
03. Lush Life
04. Easy To Love
05. 舟歌
06. 柳の歌
07. Comecar De Novo (The Island)
08. A Flower Is A Love Something
09. How Do You Keep The Music Playing
10. After The Love Has Gone
11. Very Special〜Outro〜

[演奏]
大西順子(p,rhodes)
馬場孝喜(g)
森 卓也(cl)
佐藤芳恵(b-cl)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)
狭間美帆(アレンジ)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015