ニュース

ジャズ・ピアニスト大西順子、8年ぶりのピアノ・トリオ作品と初バラッド集を同時発売

大西順子   2017/09/19 13:34掲載
はてなブックマークに追加
ジャズ・ピアニスト大西順子、8年ぶりのピアノ・トリオ作品と初バラッド集を同時発売
 ジャズ・ピアニストの大西順子が、8年ぶりとなるピアノ・トリオ作品『GLAMOROUS LIFE』(SCOL-1025 2,778円 + 税)と、自身初のバラッド集『VERY SPECIAL』(SCOL-1024 2,778円 + 税)を11月15日(水)に2作同時リリース。

 ジャズ・シーンに衝撃を与えたデビュー作『ワウ』を約25年前にリリースした大西。昨年は菊地成孔プロデュースによるアルバム『Tea Times』を発表して話題となりましたが、『GLAMOROUS LIFE』はピアノ・トリオ作品としては2009年リリースの『楽興の時』以来、8年ぶり。今作では、ベースに井上陽介、ドラムに高橋信之介を迎え、オリジナル曲のほかウェザー・リポートオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドらのカヴァーを収録。また、1997年に〈モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉で演奏し、『プレイ・ピアノ・プレイ〜大西順子トリオ・イン・ヨーロッパ』に収録されている「Kutoubia」を新たなトリオで再録音しています。タイトルは“魅力的で充実した人生”の意。25周年の節目となる作品です。

 一方、初バラッド集『VERY SPECIAL』は、彼女が10年以上も前から温め続けていた楽曲をセレクトし、大西のピアノにゲストを迎えた編成で、シンプルに彼女のピアノとメロディを楽しめる内容になっています。

■2017年11月15日(水)発売
大西順子
『GLAMOROUS LIFE』

SCOL-1025 2,778円 + 税

[収録予定曲(曲順未定)]
Fast City / Tiger Rag / Larry Shields / Almost Like Me / Kutoubia 2017
ほか全9曲収録予定
 
[演奏]
大西順子(p)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)


■2017年11月15日(水)
大西順子
『VERY SPECIAL』

SCOL-1024 2,778円 + 税

[収録曲]
01. Very Special〜Intro〜
02. I Cover The Water Front
03. Lush Life
04. Easy To Love
05. 舟歌
06. 柳の歌
07. Comecar De Novo (The Island)
08. A Flower Is A Love Something
09. How Do You Keep The Music Playing
10. After The Love Has Gone
11. Very Special〜Outro〜

[演奏]
大西順子(p,rhodes)
馬場孝喜(g)
森 卓也(cl)
佐藤芳恵(b-cl)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)
狭間美帆(アレンジ)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015