ニュース

ポール・マッカートニー新作『キス・オン・ザ・ボトム』まもなくリリース!

ポール・マッカートニー(Paul Mccartney)   2012/02/07 16:36掲載
はてなブックマークに追加
ポール・マッカートニー新作『キス・オン・ザ・ボトム』まもなくリリース!
 今年、生誕70周年、ザ・ビートルズのデビュー50周年というアニバーサリー・イヤーを迎えたポール・マッカートニー(Paul McCartney)。かねてから話題を呼んでいる、初のスタンダード・アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』が、いよいよ2月8日にリリースされます! 子供のころに父親の弾くピアノで覚えた、古き良きアメリカのスタンダード・ソングのカヴァーを中心に、書き下ろしの新曲2曲も収録。ジャズ界の女王ダイアナ・クラールと彼女のバンドが全面バックアップし、エリック・クラプトンスティーヴィー・ワンダーがゲスト参加した、実に豪華な作品。

 かの大御所プロデューサーのクインシー・ジョーンズも、「ポールがこのアルバムを作ってくれたことをとても嬉しく思います。このアルバムに収録されているスタンダード・ソングをカヴァーしたレコードはこれまでたくさん聴いてきましたが、今回のポールの作品ほど信頼できる作品はありません」と太鼓判。

 なお、発売直後のポールはビッグ・イベントが目白押し。まず、新作のレコーディングを行なったハリウッドのキャピトル・スタジオにて、ダイアナ・クラールのバンドとともにスタジオ・ライヴを行なうことが急遽決定! しかも、そのパフォーマンス映像のライヴ中継は、なんと、無料でiTunes Store(PC)にて誰でもチェックが可能! 中継は日本時間の2月10日(金)正午スタート予定(www.itunes.com/paulmccartney)なので、お見逃しなく。

 ライヴ中継の映像は後日、ビデオ・ストリーミングとしてもiTunes Storeにて無料で視聴可能で、ライヴ音源も後日iTunes Storeで配信予定。さらに、2月12日にロサンジェルスで開催される第54回グラミー賞の授賞式で、演奏を披露することがすでに発表されています。ポールはこれまでにグラミーを14回獲得しており、今回も『バンド・オン・ザ・ラン』の再発盤が“最優秀ヒストリカル・アルバム部門”にノミネートされています。

 世界のエンタテインメント界で活躍した人物の名前が彫られた星型のプレートが埋め込まれた歩道「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に、満を持してポールが登録されることも決定しており、ポールの星型プレートは、すでに登録されているビートルズの仲間たち(ジョンジョージリンゴ)と並んで埋め込まれる予定。世界中のビートルズ・ファンにとって新たな観光名所になることは間違いなし!

 この夏開催のロンドン・オリンピックでも演奏を披露するのでは?との噂がすでに駆け巡っているほか、日本のTV番組のインタビューで「10年ぶりの来日公演実現に向けて現在交渉中」と語っていたポール。今年は目が離せません!


ポール・マッカートニー
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015