ニュース

フロイドらのレア・アートを採用したストーム・トーガソンの2010年カレンダーが登場!

ピンク・フロイド(Pink Floyd)   2010/01/05掲載(Last Update:10/01/12 09:37)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
フロイドらのレア・アートを採用したストーム・トーガソンの2010年カレンダーが登場!
 アルバム・アートの巨匠、ストーム・トーガソン(Storm Thorgerson)が手掛けたジャケット・アートワークのレア・ヴァージョンを特色とした2010年のカレンダーが登場! イギリスの音楽誌〈Classic Rock Magazine〉(写真)に付録として付いてきます。

 この「The Variants」と呼ばれるカレンダーは12枚綴り。ピンク・フロイドミューズピーター・ガブリエル10ccクランベリーズオーディオスレイヴマーズ・ヴォルタビッフィ・クライロキャサリン・ホイールなど、ストーム・トーガソンが過去に手がけたジャケット・アートワークの、今回が初出となるヴァージョンや、別ヴァージョンのアートワークが採用されています。いずれも他では見ることのできない貴重なアートワークばかり、アルバム・アート好きならぜひとも入手を!




※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015