ニュース

Primula&BULLET'Sプレゼンツ、“No Future”縛りの変態テクノ・イベント開催!

Primula   2012/11/09掲載(Last Update:13/04/25 18:18)
はてなブックマークに追加
Primula&BULLET’Sプレゼンツ、“No Future”縛りの変態テクノ・イベント開催!
 90sを受け継ぐシリアスなテクノと、胸キュン思春期こじらせテイストの絶妙なバランスが話題沸騰中のアルバム『Youth Center』を8月にリリースした奇才・Primula。彼が、縁深い東京・西麻布のクラブ「BULLET'S」(bul-lets.com)と共同で、かの“No Future”テクノにこだわりまくったイベント〈NO FUTURE NIGHT !!!!!〉を11月22日(木・祝前日)に開催!

 ハードなフロア仕様テクノから、インテリジェントなサウンド・アートまで、幅広い音楽性を展開、RADIOHEADのリミックスでロック・ファンにもおなじみの天才・Cristian Vogelが90s中頃に提唱したコレクティヴ“No Future”。イーヴン・キックに囚われない複雑なビート・ワークを用いたアヴァンギャルドなスタイル、独特の乾いたユーモアのセンスが特徴。故・Phil Wellsが在籍し、日本でも絶大なる人気を誇るSUBHEAD、作品毎に変化する器用さと一貫した美学を持ち合わせた稀有の才能・Neil Landstrumm、ブレイクコアやダブステップのファンからも人気の高いSI BEGG、Cristian Vogelとのユニットsuper_colliderでも活動し、今や変態ファンキー・シンガーとしてその名を馳せるJamie Lidellなどなど、多彩な面々が名を連ねる異色集団です。

 今回は、SI BEGGのリミックスを手がけるPrimulaと、SUBHEADと交友の深いBULLET'S代表・HARRY:淑蘭*が、“No Future”への愛を全開でお届け! しかもエントランス・フリー! 詳しくはBULLET'Sのイベント詳細(bul-lets.com/schedule/2012_11/index.html#1122)をご覧ください!



Primula + BULLET'S 共同企画
NO FUTURE NIGHT !!!!!


2012年11月22日(木・祝前日)東京 西麻布 BULLET'S
開場 / 開演 21:00
入場無料

[DJ]
Drastik Adhesive Force / em(MEOW!!! / Glocal Pussys) / PortaL(Soundgram / 5gene) / Primula(Neguse Group) / Watanabe Masaki(Neguse Group) / shalma- / HARRY:淑蘭*(BULLET'S)
ほか

[live]
Primula(Neguse Group) / mauin(NANMANDA) / pq(NANMANDA)

[VJ]
Watanabe Masaki(Neguse Group) / MATSUTO(鬱とエロと漫画と音楽と破戒衝動)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015