ニュース

Primula&BULLET'Sプレゼンツ、“No Future”縛りの変態テクノ・イベント開催!

Primula   2012/11/09掲載(Last Update:13/04/25 18:18)
はてなブックマークに追加
Primula&BULLET’Sプレゼンツ、“No Future”縛りの変態テクノ・イベント開催!
 90sを受け継ぐシリアスなテクノと、胸キュン思春期こじらせテイストの絶妙なバランスが話題沸騰中のアルバム『Youth Center』を8月にリリースした奇才・Primula。彼が、縁深い東京・西麻布のクラブ「BULLET'S」(bul-lets.com)と共同で、かの“No Future”テクノにこだわりまくったイベント〈NO FUTURE NIGHT !!!!!〉を11月22日(木・祝前日)に開催!

 ハードなフロア仕様テクノから、インテリジェントなサウンド・アートまで、幅広い音楽性を展開、RADIOHEADのリミックスでロック・ファンにもおなじみの天才・Cristian Vogelが90s中頃に提唱したコレクティヴ“No Future”。イーヴン・キックに囚われない複雑なビート・ワークを用いたアヴァンギャルドなスタイル、独特の乾いたユーモアのセンスが特徴。故・Phil Wellsが在籍し、日本でも絶大なる人気を誇るSUBHEAD、作品毎に変化する器用さと一貫した美学を持ち合わせた稀有の才能・Neil Landstrumm、ブレイクコアやダブステップのファンからも人気の高いSI BEGG、Cristian Vogelとのユニットsuper_colliderでも活動し、今や変態ファンキー・シンガーとしてその名を馳せるJamie Lidellなどなど、多彩な面々が名を連ねる異色集団です。

 今回は、SI BEGGのリミックスを手がけるPrimulaと、SUBHEADと交友の深いBULLET'S代表・HARRY:淑蘭*が、“No Future”への愛を全開でお届け! しかもエントランス・フリー! 詳しくはBULLET'Sのイベント詳細(bul-lets.com/schedule/2012_11/index.html#1122)をご覧ください!



Primula + BULLET'S 共同企画
NO FUTURE NIGHT !!!!!


2012年11月22日(木・祝前日)東京 西麻布 BULLET'S
開場 / 開演 21:00
入場無料

[DJ]
Drastik Adhesive Force / em(MEOW!!! / Glocal Pussys) / PortaL(Soundgram / 5gene) / Primula(Neguse Group) / Watanabe Masaki(Neguse Group) / shalma- / HARRY:淑蘭*(BULLET'S)
ほか

[live]
Primula(Neguse Group) / mauin(NANMANDA) / pq(NANMANDA)

[VJ]
Watanabe Masaki(Neguse Group) / MATSUTO(鬱とエロと漫画と音楽と破戒衝動)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015