ニュース

キーボードアーティスト・冴咲賢一が初のフル・アルバムをリリース

冴咲賢一   2012/06/11 16:27掲載
はてなブックマークに追加
 エレクトーンを主に操る優れたキーボード・プレイヤーとして、加曽利康之とのユニット“FUNKY FOX”のメンバーとして、大活躍中のキーボードアーティスト・冴咲賢一。彼がデビュー25周年にして初のソロ・フル・アルバム『ONES WAY』(SAE-001 税込3,000円)をリリース!6月27日(水)の発売です。

 こちらのアルバムは、元々2010年にプライベート盤としてリリース、長らく貴重盤となっていた作品。買い逃してしまったファンにはまさに待望の1枚! 鍵盤奏者としてのテクニックはもちろん、ソングライターとしての手腕も存分に発揮された珠玉のインストゥルメンタル楽曲を7曲収録。美しいピアノ・ソロから親しみ易いファンキー・チューンまで、バラエティ豊かな内容ながら、総じてメロディ際立つ作品に仕上がっています。幅広いファン層におすすめできるアルバムです。


冴咲賢一


※2012年6月27日(水)発売
冴咲賢一『ONES WAY』
SAE-001 税込3,000円

[収録曲]
01. 雪どけの詩
02. 晩夏
03. きんとうん
04. +ONE!
05. さくら
06. ONES WAY
07. 蒼空〜そら〜
EXTRA: Secret Movie

[参加ミュージシャン]
佐藤哲也(b) / 岩見和彦(g) / 臼井かつみ(dr)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015