ニュース

佐野元春、アナログ盤再発記念トーク・イベントに出演 2017年のリリース予定を発表

佐野元春   2017/01/10 14:43掲載
はてなブックマークに追加
佐野元春、アナログ盤再発記念トーク・イベントに出演 2017年のリリース予定を発表
 昨年末、デビュー・アルバム『BACK TO THE STREET』(1980年)をはじめ、『Heart Beat』(81年)、『SOMEDAY』(82年)という初期オリジナル・アルバム3タイトルを、アナログレコード・レーベル「GREAT TRACKS」から再リリースした佐野元春が、1月9日に、東京・タワーレコード渋谷店のB1F「CUTUP STUDIO」で行なわれた記念イベント〈佐野元春×長門芳郎 トークショー in PIED PIPER HOUSE〉に出演。

 イベントでは、司会を務めた音楽評論家・能地祐子、同店で期間限定復活を遂げた「PIED PIPER HOUSE」の店長である長門芳郎と共にトークを展開。佐野も学生の頃よく足を運んでいたという当時のPIED PIPER HOUSEやアナログレコードについてはもちろん、1997年に発表し、3人が深く関わったというアルバム『THE BARN』についてのエピソードや20周年記念盤の構想などについても触れ、会場を沸かせました。さらに、昨年からTHE COYOTE BANDとのオリジナル・アルバム、The Hobo King Bandとの第2弾セルフカヴァー・アルバムのレコーディングを並行して行なっていること、いずれも2017年中のリリースを予定していることについて語りました。

佐野元春

©Sony Music Direct(Japan)Inc.
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015