ニュース

エビ中ワンマンにヒャダイン、ダダが登場!

私立恵比寿中学   2012/07/03 15:53掲載
はてなブックマークに追加
エビ中ワンマンにヒャダイン、ダダが登場!
 人気上昇中のアイドル・グループ、私立恵比寿中学(エビ中)が、シングル「仮契約のシンデレラ」でのメジャー・デビュー後初となるワンマン・ライヴを開催! “king of 学芸会”をコンセプトに掲げる彼女たち、この日は<じゃあ・ベストテン>と銘打ち、往年の超人気音楽番組の趣向を凝らし、男女の司会を立てた公開テレビ番組形式で、ゲストの似非歌手が背後で見守る中、18位からカウントダウンで次々とエビ中の人気曲をパフォーマンス。そのあまりにも学芸会な設定は会場の笑いを誘う!

 初登場(初披露)ながらトップ10入りを果たした、8月29日発売のメジャー2ndシングル「Go!Go!Here We Go!ロック・リー / 大人はわかってくれない」から「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」や、今回のライヴのために特別に組まれた5組のシャッフル・ユニット(一部、ソロ含む)によるそれぞれの新曲5曲もランクイン。シャッフル・ユニットの中では、ヒャダインこと前山田健一も登場し、メンバーの廣田あいかとのユニット“スナックのママと流し”にて、ムード歌謡「アンタ」を歌い上げる!

 さらに前山田は、自らが手がけた「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」でも再び登場。コルセットを首に巻き、おもちゃのピアノでイントロのメロディを奏でるというスペシャル・パフォーマンスを披露。「ゆび祭り」でも会場を揺らしたMXジャンプを“メンバー with ヒャダイン”という豪華なステージングで魅せつけました。

 また今回は、さらなるスペシャル・ゲストとして『ウルトラマン』シリーズでおなじみ、老若男女から変わらぬ人気を誇るキャラクター“三面怪人 ダダ”を迎え、人気曲「歌え!踊れ!エビーダダ!」で扮した海外大物ディーバ“エビーダダ”とのダダ共演がまさかの実現。中央のセリから登場したダダは、メンバーと息ぴったりの見事なダンスで、観客の度肝を抜く!

 Wアンコール後、当日2回目の「仮契約のシンデレラ」を披露し、安本彩花の「うーん、今日はよかったな」とうセリフで締め! 全25曲、約3時間におよぶ濃密な“学芸会”に、会場を埋め尽くした1,300人の観客の温かい声援は止むことなく……。開演前の取材では、次に共演したいアーティストとして、「私たちの兄貴分であるケン・ヒライ兄さんです!」と答えていたエビ中、果たしてその夢は実現するのか乞うご期待!


私立恵比寿中学

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学


(C)円谷プロ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015