ニュース

エビ中ワンマンにヒャダイン、ダダが登場!

私立恵比寿中学   2012/07/03 15:53掲載
はてなブックマークに追加
エビ中ワンマンにヒャダイン、ダダが登場!
 人気上昇中のアイドル・グループ、私立恵比寿中学(エビ中)が、シングル「仮契約のシンデレラ」でのメジャー・デビュー後初となるワンマン・ライヴを開催! “king of 学芸会”をコンセプトに掲げる彼女たち、この日は<じゃあ・ベストテン>と銘打ち、往年の超人気音楽番組の趣向を凝らし、男女の司会を立てた公開テレビ番組形式で、ゲストの似非歌手が背後で見守る中、18位からカウントダウンで次々とエビ中の人気曲をパフォーマンス。そのあまりにも学芸会な設定は会場の笑いを誘う!

 初登場(初披露)ながらトップ10入りを果たした、8月29日発売のメジャー2ndシングル「Go!Go!Here We Go!ロック・リー / 大人はわかってくれない」から「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」や、今回のライヴのために特別に組まれた5組のシャッフル・ユニット(一部、ソロ含む)によるそれぞれの新曲5曲もランクイン。シャッフル・ユニットの中では、ヒャダインこと前山田健一も登場し、メンバーの廣田あいかとのユニット“スナックのママと流し”にて、ムード歌謡「アンタ」を歌い上げる!

 さらに前山田は、自らが手がけた「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」でも再び登場。コルセットを首に巻き、おもちゃのピアノでイントロのメロディを奏でるというスペシャル・パフォーマンスを披露。「ゆび祭り」でも会場を揺らしたMXジャンプを“メンバー with ヒャダイン”という豪華なステージングで魅せつけました。

 また今回は、さらなるスペシャル・ゲストとして『ウルトラマン』シリーズでおなじみ、老若男女から変わらぬ人気を誇るキャラクター“三面怪人 ダダ”を迎え、人気曲「歌え!踊れ!エビーダダ!」で扮した海外大物ディーバ“エビーダダ”とのダダ共演がまさかの実現。中央のセリから登場したダダは、メンバーと息ぴったりの見事なダンスで、観客の度肝を抜く!

 Wアンコール後、当日2回目の「仮契約のシンデレラ」を披露し、安本彩花の「うーん、今日はよかったな」とうセリフで締め! 全25曲、約3時間におよぶ濃密な“学芸会”に、会場を埋め尽くした1,300人の観客の温かい声援は止むことなく……。開演前の取材では、次に共演したいアーティストとして、「私たちの兄貴分であるケン・ヒライ兄さんです!」と答えていたエビ中、果たしてその夢は実現するのか乞うご期待!


私立恵比寿中学

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学


(C)円谷プロ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015