ニュース

私立恵比寿中学、2ndシングル・ツアーが京都からスタート!

私立恵比寿中学   2012/07/19 16:45掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
私立恵比寿中学、2ndシングル・ツアーが京都からスタート!
 私立恵比寿中学(エビ中)の2ndシングル・ツアー<サマーデフスター最強ツアー2012 〜はじける汗の塩天国〜>が7月15日(日)が京都からスタート! 会場となった京都駅ビル「室町小路広場」には、ツアー初日ということで京都府公式のPR隊長「まゆまろ」が駆けつけ、エビ中のツアー完走を祈りエビ中と一緒にテープカットも。

 そして、大階段を埋め尽くした約1,500人の観客を前にライヴはスタート。夏らしく「ご存知!エビ中音頭」をはじめ、8月29日(水)にリリースする2ndシングルに収録される「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」など全7曲を披露。特典会終了後には、メンバーの松野莉奈(出席番号9番)の一声で、たむらぱん作詞・作曲の「大人はわかってくれない」(2ndシングル収録)も初オンエア!

 さらに翌日、7月16日(日・祝)には、大阪「大阪あべのキューズモール」にて関西二日目のイベントが実施。メジャー・デビュー・シングル「仮契約のシンデレラ」のカップリング曲「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」をはじめ、この日は前日にオンエアされた「大人はわかってくれない」もステージから初披露! 真山りか(出席番号3番)が「みなさーん、もうかってまっかー?」とコールすれば、ファンからは「ぼちぼちでんなー!」とレスポンス、大阪ならではの息の合った一幕もあり。

 イベントの最後には、メンバーから2ndシングルのカップリング曲が発表され、初回ブラジル盤には「ほぼブラジル」、初回ロック・リー盤には「スターダストライト」、サブカル盤(通常盤)には「新青春そのもの」という、楽曲の予測がつかないエビ中らしいタイトルが揃っているとのこと! 次回のエビ中大阪公演は8月12日(日)、なんばHATCHでのワンマン・ライヴが決定しています。

 <サマーデフスター最強ツアー2012 〜はじける汗の塩天国〜>東京篇は、今週末7月22日(日)、「東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ」にて。よりパワーアップを遂げ、変幻自在のパフォーマンスを繰り広げる“学芸会”に期待です!

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015