ニュース

SION、日比谷野音ライヴ!

SION   2010/10/26 15:14掲載
はてなブックマークに追加
SION、日比谷野音ライヴ!
 1985年に自主制作アルバム『新宿の片隅で』でデビュー、25周年を迎えたSION。25年間変わらずリアルなメッセージを鳴らし続けてきた彼、10月23日(土)に、1991年から通算16回目となる恒例の日比谷野外大音楽堂での単独ライヴを行ないました。

 ライヴでは、10月20日に発売された25枚目のオリジナル・アルバム『燦燦と』から、福山雅治と共作し、それぞれのアルバムに収録している新曲「石塊(いしくれ)のプライド」、タイトル・ナンバーの「燦燦と」など、CD発売後初めて披露。終始「楽しいな〜!」「ありがとうなぁ」と、野音に集まった2,000人のファンの声援に応えていました。


<SIONからのコメント>
「まだ唄っていられて、聴いていてくれる人がいて、ライブに足を運んでくれる人がいて嬉しいな、ありがとう。今年もここでみんなに会えてうれしい、また来年も元気で会おうぜ!」

〜福山雅治との「石塊のプライド」制作について〜
「メールと電話でちょっとやりとりして書きました。福山と俺とではまったく生きている場所も違うけど、根っこのところは同じだろうという気持で書いた詩です」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015