ニュース

セックス・ピストルズやディーヴォらも参加、Styrofoamの新作!新曲の無料DL配信もあり

Styrofoam   2010/09/24 14:30掲載
はてなブックマークに追加
セックス・ピストルズやディーヴォらも参加、Styrofoamの新作!新曲の無料DL配信もあり
 ベルギー出身のアーネ・ヴァン・ペテヘムによるエレクトロ・ユニット、スタイロフォーム(Styrofoam)セックス・ピストルズディーヴォジミー・イート・ワールドのメンバーをゲストに迎えたニュー・アルバムが完成! またリリースに先駆け、新曲の無料ダウンロード配信も行なわれています。

 スタイロフォームは、ドイツのMorr Musicより2000年にデビュー。そのサウンドは“エレクトロニカ世代のドリーム・ポップ”とも評され、人気を博します。Nettwerkへとレーベルを移籍した前作『A Thousand Words』(2008年)からは、エレクトロニカのリズムはそのままに、躍動感溢れる生き生きとしたメロディと、切なさを秘めたヘタウマなヴォーカルで、より“唄もの”を意識したポップなエレクトロニック・サウンドを作り上げています。

 前作から2年ぶりとなるニュー・アルバム『ディスコ・シンセサイザーズ・アンド・デイリー・トランキライザーズ(Disco Synthesizers & Daily Tranquilizer)』(写真)には、前作に引き続き、米国のプロダクション・チーム、WAX LTDがプロデュース参加。前作で完成させた“唄ものエレクトロニカ”をさらに発展させ、ニュー・オーダーデペッシュ・モード、さらには黎明期のエレクトロ・ヒップホップやポスト・パンクへの深い愛情を包み隠さず、エレクトロニック・ミュージックとしての快感度を究極まで追求したアルバムとなっています。

 またアルバムは、セックス・ピストルズのポール・クック、元ディーヴォのアラン・マイヤース、ジミー・イート・ワールドのジム・アドキンスがゲスト参加していることでも話題です。

 発売は米国盤が10月12日に、国内盤(YOUTH-102 税込2,400円)が10月13日にそれぞれ予定。国内盤にはボーナス・トラック3曲が追加されます。

 なお、ユニットのFacebookMySpaceおよび配布されているガジェットでは、新作からのナンバーで、ポール・クックがゲスト参加した「Kids On Acid」が無料ダウンロード配信中(要メールアドレス登録)。リリースまで待てないアナタなら入手をお忘れなく!



 
 
 
 
 
 
 




●『Disco Synthesizers & Daily Tranquilizer』
米国盤:10月12日発売
国内盤(YOUTH-102 税込2,400円):10月13日発売

[収録曲]
1. Carolyn
2. Get Smarter
3. Extra Careful
4. Kids On Acid FEAT. PAUL COOK
5. The Only One To Curse
6. Looking Glass To Zero
7. Mile After Mile
8. Am I The Ghost
9. What's Hot (And What's Not)
10. Believe Everything FEAT. ALAN MYERS

【国内盤ボーナス・トラック】
11. Get Smarter (Juan Maclean vocal mix)
12. Get Smarter (Miracle Boy Remix)
13. Get Smarter (Brenmar Club Mix)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015