ニュース

THE BLUE HEARTSの名曲群で綴る音楽劇「リンダ リンダ」が8年ぶりの再演

ザ・ブルーハーツ   2012/05/09 18:09掲載
はてなブックマークに追加
THE BLUE HEARTSの名曲群で綴る音楽劇「リンダ リンダ」が8年ぶりの再演
 THE BLUE HEARTSを全編にフィーチャーした音楽劇「リンダ リンダ」。2004年に初演され、好評を博した同作が8年ぶりに再演! 6月20日(水)より東京・紀伊國屋サザンシアターにて開幕となります(大阪、福岡公演も予定)。公演に先駆け5月8日、東京・imagineスタジオにて製作発表が行なわれました。

 会見には、作・演出を手がける鴻上尚史、主演を務めるSOPHIA松岡 充をはじめ、 伊礼彼方星野真里、丸尾丸一郎、高橋由美子大高洋夫が登場。舞台への意気込み、THE BLUE HEARTSへの思いをそれぞれが語りました。

撮影: 引地信彦


鴻上尚史(作・演出)
8年ぶりの「リンダ リンダ」再演です。松岡さんとは、初演の時の千秋楽からまたこの作品をやりたいと話をしていました。松岡さんは舞台デビューがこの「リンダ リンダ」の初演でしたが、うれしいことに演劇界に残ってくれました。また一緒にできるのが楽しみです。
初演では、音楽、演劇、ミュージカルのそれぞれのファンが客席にいて、それがとても素敵でした。
今回は、僕が劇団「第三舞台」を1月に解散してから初めての作品となります。次に行くための最初の作品として、大切に上演していきたいですね。
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「人にやさしく」。

■松岡充(バンドのベース・マサオ役)
「リンダ リンダ」の初演で舞台デビューしました。初めは舞台の世界が全くわからなかったのですが、その後、他の作品も経験しいろいろと学んできました。初演から8年、今回はこれまでの経験を生かせるように頑張りたいです。
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「チェインギャング」。アーティストとして尊敬する先輩です。ブルーハーツの曲は色あせないですよね。彼らを知らない世代にも、この作品を通してブルーハーツの良さを伝えていきたいです。
稽古はとても楽しい雰囲気で進んでいます。観た後に違う自分になれるような作品で、絶対に楽しめると思います。是非劇場にご来場ください!

■伊礼彼方(バンドのリーダー・ケン役)
ブルーハーツの曲と一緒に過ごせるなんて夢のよう!夜も眠れないほどで、毎日が本当に楽しいです!
ブルーハーツは世の中に影響を与えてきたバンド。この作品でも、彼らの曲がたくさん使われています。
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「青空」。大人になって、10代の頃はよくわからなかった歌詞の意味を知ったのですが、これ程メッセージ性が強かったのかと衝撃を感じました。

■星野真里(バンドのマネージャー・ミキ役)
今回初めて音楽劇に出演します。皆さんの足をひっぱらないように頑張ります!
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「キスしてほしい」。

■丸尾丸一郎(警官の大場役)
僕が演劇を始めた時に鴻上さんの戯曲を読みあさった程の大先輩です。今回はとても楽しみです。
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「イメージ」。

■高橋由美子(ケンの恋人・カオリ役)
とにかく頑張ります!
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「ラブレター」。

■大高洋夫(元過激派の男・荒川役)
初演では、劇場に行く途中で2度ほど職務質問を受けました。今回は受けないように頑張ります(笑)
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「夕暮れ」。

KOKAMI@network vol.11
「リンダ リンダ」

6月20日(水)〜7月22日(日)東京 紀伊國屋サザンシアター
(他、大阪、福岡公演あり)
[作・演出]
鴻上尚史
[出演]
松岡 充 / 伊礼彼方 / 星野真里 / 丸尾丸一郎(劇団鹿殺し) / 高橋由美子 / 大高洋夫
www.thirdstage.com/knet/lindalinda2012
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015