ニュース

The Cheserasera、3rdアルバム『dry blues』を発表 ワンマン・ツアー開催決定

The Cheserasera   2017/06/06 16:46掲載
はてなブックマークに追加
The Cheserasera、3rdアルバム『dry blues』を発表 ワンマン・ツアー開催決定
 東京を拠点に活動するロック・トリオThe Cheseraseraが、3rdフル・アルバム『dry blues』を8月2日(水)にリリース。今秋には、10月7日(土)開催の愛知・名古屋 HUCK FINN公演を皮切りにワンマン・ツアー〈The Cheserasera“dry blues tour”〉の開催も決定しています。オフィシャル・サイトではチケットの先行受付を6月23日(金)より実施。

 今作には先行配信シングル「I Hate Love Song」を含む3曲のミュージック・ビデオと、NGシーンやオフショットといったMV撮影時のメイキング映像などを収録したDVDが付属し、収録曲の世界観を映像でも楽しめる作品。“愛”を歌ったという内容についてメンバーの宍戸 翼(vo, g)は「冷めても、それは冷静になっただけ。一層愛を確信してる。離れても背中を向けても、それが終わりとは限らない。愛が真っ赤とは限らない」とコメントしています。


死ぬまで大好きじゃなかったら嘘かな? 夢と希望とか恋と愛とか、もうそんな物すらない国へ 消えたい。青春は吹きさらしで乾き切って、冷めた憂うつだけ残って。理想論とか希望的観測にももう飽き飽きしてる。なのにまだ胸をざわつかせるのは何? なんであんなのに負けた? 納得いってない? 冷めきってるんじゃないの? なんで忘れられない? 今もきちんと熱い。なんで熱い? 何度だって吐き捨てて何度だって諦めたのに、いつまでも続いてる。永遠すら信じれそう。あのさこんなのは例えば、すぐ解散したあんなバンド達よりもよっぽど深い愛だなって思うよ。
冷めても、それは冷静になっただけ。一層愛を確信してる。離れても背中を向けても、それが終わりとは限らない。
愛が真っ赤とは限らない。

『dry blues』に寄せて 宍戸 翼

■2017年8月2日(水)発売
The Cheserasera
『dry blues』

CD + DVD TCSR-10001 3,000円 + 税

[収録曲]
01. I Hate Love Song
02. LOVELESS
03. うたかたの日々
04. 心に抱いたまま
05. フィーリングナイス
06. You Say No
07. 春風に沿って
08. Blues Driver
09. カサブランカの花束
10. 乱れた髪を結わえて
11. good morning

[DVD]
01. I Hate Love Song(Music Video)
02. Blues Driver(Music Video)
03. good morning(Music Video)
04. Making of Music Video

The Cheserasera
“dry blues tour”ワンマン公演

2017年10月7日(土)愛知 名古屋 HUCK FINN
2017年10月15日(日)宮城 仙台 Flying Son
2017年10月19日(木)福岡 graf
2017年10月21日(土)大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
2017年10月29日(日)東京 下北沢 CLUB Que
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015