ニュース

ザ・ナックのフロントマン、ダグ・ファイガーが死去

ザ・ナック(The Knack)   2010/02/15 21:05掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 世界的にヒットした「マイ・シャローナ」で知られる米バンドのザ・ナック(The Knack)にてフロントマンとして活躍したダグ・ファイガー(Doug Fieger)が2月14日、米カリフォルニア州にある自宅にて死去しました。57歳でした。

 ダグ・ファイガーは、1978年にザ・ナックを結成。バンドではリード・ヴォーカルとリズム・ギターを担当。1979年に発表したシングル「マイ・シャローナ」が全米チャート6週連続1位を記録するヒットとなり、同曲を含んだデビュー・アルバム『ゲット・ザ・ナック』(写真)が600万枚を超えるセールスを記録。その音楽性は“ビートルズの再来”と謳われるなど高く評価されるものの、バンドは1982年に一旦解散。その後は断続的な再結成を行なっていました。

 ダグ・ファイガーはここ数年、肺癌および脳腫瘍の治療を続けながら、音楽活動を続けていたようです。心よりご冥福をお祈りします。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015