ニュース

トニー・レヴィンの新バンド スティック・メンがデビュー作を発表!6月には来日公演も

トニー・レヴィン(Tony Levin)   2010/05/24 14:01掲載
はてなブックマークに追加
トニー・レヴィンの新バンド スティック・メンがデビュー作を発表!6月には来日公演も
 キング・クリムゾンでの活躍で知られるトニー・レヴィン(Tony Levin)が新たに組んだバンド、スティック・メン(Stick Men)。6月のジャパン・ツアーに先駆け、5月26日には彼らのデビュー・アルバム『スープ(SOUP)』(NNCJ-1205 税込2,730円 / 写真)が日本でも発売されます。

 スティック・メンは、トニー・レヴィンと、キング・クリムゾンのドラマーとして知られるパット・マステロット(Pat Mastelotto)、そしてマイケル・バニアー(Michael Bernier)という、二人のスティック・ベースと一人のドラム・スティックのフィーチャーしたユニークなトリオ編成のバンド。

 アルバムは、2年間の制作期間を経て完成したバンド初のリリース作品で、独創性に満ちた音のアートが楽しめる全13トラック入り。バンドのMySpace(http://www.myspace.com/stickmensounds)では試聴も実施されています。なお、海外でのCD販売は、トニー・レヴィン主宰のオンラインストアPapabear Records Storeのみとなっているようです。

 アルバム発売後に行なわれるスティック・メンのジャパン・ツアーは6月3日の福岡を皮切りに、全8公演が行なわれる予定。詳しくはAnd Forest Music内の特設ページ(http://www.andforest.com/events/StickMen2010/index.htm)にてご確認ください。




※5月26日発売
『スープ(SOUP)』
(NNCJ-1205 税込2,730円)

[収録曲]
01. Soup
02. Hands - part 1, 2, 3
03. Inside the Red Pyramid
04. Fugue
05. Sasquatch
06. Scarlet Wheel
07. The Firebird - part 1,2,3,4
08. Relentless
※13 tracks - 56:06 in length

[band]
・Tony Levin - Chapman Stick & vocals
・Michael Bernier - Chapman Stick & vocals
・Pat Mastelotto - traps, buttons & vocals
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015