ニュース

エディ・ジョブソン率いるU-Z Project、ライヴ・ベストをリリース!

U-Z Project   2010/04/01掲載(Last Update:10/08/27 13:53)
はてなブックマークに追加
エディ・ジョブソン率いるU-Z Project、ライヴ・ベストをリリース!
 6月の来日公演を記念した、エディ・ジョブソン(Eddie Jobson)率いるプロジェクト、U-Z Projectのライヴ・アルバムが発売に。

 本作『U-Z Project-Best of 2009』(KICP-1478〜9 税込3,800円)は、2009年に行なわれたツアーからベスト・トラックを厳選したライヴ・ベストで、ジョン・ウェットントニー・レヴィンエイドリアン・ブリューサイモン・フィリップストレイ・ガングレッグ・ハウマルコ・ミネマンらが参加した音源がセレクトされる予定。キング・クリムゾンU.K.楽曲を中心に、深遠なるプログレの名曲群をCD2枚にわたって収録する予定です。発売はキングレコードより6月9日(予定)。プログレ好きならマストです!
続報
エディ・ジョブソン率いるU-Z Projectのライヴ・ベスト、発売未定に
残念ながら発売未定になりました。
[ 2010/08/27掲載 ]
エディ・ジョブソン率いるU-Z Projectのライヴ・ベスト、発売日変更 part2
発売日が9月22日に変更されました。
[ 2010/06/22掲載 ]
エディ・ジョブソン率いるU-Z Projectのライヴ・ベスト、発売日変更
日本盤の発売日が7月21日に変更されました。
[ 2010/05/13掲載 ]


※6月9日発売
『U-Z Project-Best of 2009』
(KICP-1478〜9 税込3,800円)

[収録予定曲]
・In the Dead of Night(with John Wetton)
・Caesar’s Palace Blues(with John Wetton)
・Carrying No Cross(with John Wetton)
・The Only Thing She Needs(with John Wetton)
・Red(with John Wetton)
・One More Red Nightmare(with John Wetton)
・Starless(with John Wetton)
・Indiscipline(with Adrian Belew)
・Lark’s Tongues in Aspic Pt.2(with Adrian Belew)
・Vital Transformation(with Simon Phillips)


[参加予定ラインナップ]
Eddie Jobson
John Wetton
Tony Levin
Adrian Belew
Trey Gunn
Greg Howe
Chris Robinson
Ric Fierabracci
Marco Minnemann
Simon Phillips


*曲目ほかは予定です。変更になる場合もあります。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015