ニュース

解散を発表したViViD、最後の全国ツアーがスタート

ViViD   2015/02/24 13:28掲載
はてなブックマークに追加
解散を発表したViViD、最後の全国ツアーがスタート
 2011年のメジャー・デビューから1年以内で日本武道館公演も成功させるなど国内外で高い支持を受けるも、2015年4月での解散を発表したViViDの最後の全国ツアーとなる〈ViViD LIVE TOUR 2015 THE BEGINNING of THE END〉が、2月22日の渋谷公会堂公演よりスタートとなりました。

 初日の舞台は、ワンマン・ライヴでは4年ぶりとなる渋谷公会堂。「Dear」から始まり、「いくぜ、トーキョー!」というシン(vo)の掛け声で会場を一気にヒートアップさせると、「Take-off」「キミコイ」「「夢」〜ムゲンノカナタ〜」と人気楽曲を連発。本編ラストでは、シンが「今日からこのメンバー5人でまわる、最後のツアーが始まります。4月29日のラストライヴ、その日が来るまで、皆に何を残してあげられるか分からないけど、皆からもらった大切な想いや、声援にお返しするには、僕は曲で伝えるしかないので、これからのViViDそれぞれと、皆の輝かしい未来のためにつくりました。聞いてください。」と語り、自身が作詞曲を手がけた「From the biginning」を披露。アンコールを含む、全23曲で観客を魅了しました。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます

 本ツアーのファイナルとなる4月29日(水・祝)・パシフィコ横浜公演をもって解散となるViViD。2月25日には初となるベスト・アルバム『ViViD THE BEST』をリリース、発売を記念したイベントの開催も予定されているので、詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

■2015年2月25日リリース
「ViViD THE BEST」
初回生産限定盤A ESCL-4375〜7【2CD+DVD】 5,000 + 税
初回生産限定盤B ESCL-4378〜9【2CD】 3,700 + 税
スペシャル・ボーナストラック盤 ESCL-4380 【CD】3,000円 + 税

ViViD LIVE TOUR 2015 THE BEGINNING of THE END
2月22日 渋谷公会堂
2月27日 長野CLUB JUNK BOX
3月3日 札幌KRAPS HALL
3月5日 仙台MACANA
3月6日 高崎club FLEEZ
3月9日 水戸LIGHT HOUSE
3月12日 HEAVEN’S ROCさいたま新都心VJ-3
3月16日 金沢AZ
3月18日 広島ナミキジャンクション
3月21日 博多DRUM Be-1
3月23日 神戸VARIT.
3月26日 KYOTO MUSE
3月28日 梅田CLUB QUATTRO
3月29日 名古屋CLUB QUATTRO

ViViD LIVE TOUR 2015 THE BEGINNING of THE END FINAL「CROSSING OF THE DREAM」
4月29日 パシフィコ横浜 国立大ホール
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015