ニュース

ウィッシュボーン・アッシュの来日公演が決定! 『百眼の巨人アーガス』の完全再現もあり

ウィッシュボーン・アッシュ(Wishbone Ash)   2010/02/05掲載(Last Update:10/02/26 13:41)
はてなブックマークに追加
ウィッシュボーン・アッシュの来日公演が決定! 『百眼の巨人アーガス』の完全再現もあり
 結成40周年を迎えたブリティッシュ・ロックの大ベテラン、ウィッシュボーン・アッシュ(Wishbone Ash)の来日公演がついに決定! 名作『百眼の巨人アーガス(Argus)』(1972年 / 写真)の完全再現も行なわれるファン必見のライヴは6月、川崎のCLUB CITTA'にて26日(土)、27日(日)の2日間行なわれます。

 当日は2部構成。第1部では『百眼の巨人アーガス』の楽曲をすべて演奏する予定で、また第2部ではバンドの歴代ナンバーを1時間にわたり披露します。来日メンバー(予定)はアンディ・パウエル(g,vo)、マディ・マンニネン(g)、ボブ・スキート(b)、ジョセフ・クラブツリー(ds)。

 チケットの一般発売は3月13日(土)より。2月27日(土)にはCLUB CITTA'のホームページ、ディスクユニオン新宿プログレッシヴ・ロック館、目白ワールド・ディスクでの先行販売も行われます。チケットについての詳細は、CLUB CITTA'内の特設サイト(http://clubcitta.co.jp/001/wa/)にてご確認ください。


Wishbone Ash 来日公演


<Wishbone Ash 来日公演>

■6月26日(土)...開場17:00 / 開演18:00
■6月27日(日)...開場15:00 / 開演16:00

料金:前売・税込8,500円
※入場の際にドリンク代500円が必要となります。
問い合わせ:CLUB CITTA' [Tel]044-246-8888
http://clubcitta.co.jp

■一般発売:2010年3月13日(土)〜
・チケットぴあ|0570-02-9966(Pコード:348-611)
・ローソンチケット|0570-084-003(Lコード:78068)
・イープラス|http://eplus.co.jp

■先行販売:2月27日(土)
◇CLUB CITTA'ホームページ[お申込/抽選制]
受付期間|2月27日(土)〜3月11日(木)
当選発表|1回目:3/6(土)/2回目:3/12(金)

◇ディスクユニオン新宿プログレッシヴ・ロック館
03-3352-2141 / [店頭販売]

◇目白ワールド・ディスク
03-3954-5348 / [店頭販売]

※上記(WEB先行受付/店頭先行販売)のお席は各所に全て均等にチケットが配分されるように 振り分けを致しました。
店頭販売では座席図面をご覧の上、お買い求め頂けます。 CLUB CITTA' ホームページ受付では、お申し込み受付順によりチケットの 振り分けを致します。良い席はお早めにご利用ください。

主催・招聘・企画制作◎株式会社クラブチッタ
協力◎ユニバーサル ミュージック合同会社 /
有限会社ストレンジ・デイズ / 株式会社ディスクユニオン
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015