リサーチ

“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”とは?

2006/03/31掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ここ日本でも一時期話題を呼んでいたムーヴメント“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”。Grrrlの綴りは知っていても、その内容となると???その実態について、CDJournal.com的考察をまとめてみました。
“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”とは?
 1990年代初頭、アメリカはワシントン州オリンピアを発信源に登場した“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”ムーヴメント。パンク・シーンでの性差別/ライヴ会場での様々な暴行事件などをきっかけに、音楽/ファンジン/アートといったクリエイティヴな活動を通じて、フェミニズム思想を草の根方式で広げていった運動のこと。ちなみに、ともすれば「ガルルル」と読んでしまいそうなR3つの“Grrrl”綴りは、フェミニスト達が使っている“womyn”(“women”の意)に倣って作られた言葉であるそうな。

 BIKINI KILL、BRATMOBILE、HEAVENS TO BETSY、HUGGY BEARthe BUTCHIESSEVEN YEAR BITCHbis(無論、メンバーに男性が在籍しているバンドもあり)をはじめ、ザ・スリッツジョーン・ジェット(最新作『ネイキッド』にはキャサリーン・ハンナ(元ビキニ・キル)が参加)といった先駆者としてリスペクトを受けているバンド/アーティスト、レーベルで言うならばMr.Lady Records(2003年に閉鎖?)、KILL ROCK STARSなどの音楽を指針に、各々の方法でその意義を社会に向けて発信していく活動。ハードな音を追求するあまり、マッチョなムード一辺倒となっていたシーンを、少しずつではありますが確実に変えてきた“Riot Grrrl”。しかしながら、その受け取り方は本国アメリカと日本とでは多少異なるご様子。

 一過性のブームとして実に軽〜くスルーしてしまった日本では、パンクを匂わすサウンド、激しいパフォーマンス、どことなくメッセージ色あり、女性がフロントマンをつとめている、何か頑張っている、バラエティ番組でやたら発言する、ヒステリックな大声、離婚した途端にテレビに出まくる、とにかくデカイ、本気で夫婦喧嘩をする、いきなり小説家宣言をしてしまう、ごきげんよう大賞を常に狙っている、川崎麻世を尻に敷いている……などなど、本人の自覚も無いところで“Riot Grrrl系”として勝手にジャンル付けされているケースもしばしば。Riot Grrrl=暴動!女の子!戦う!なんか激しそう!と直訳したよなシンプルすぎる思考回路のもと、世のグランジ・ブームに合わせて伝わってきたラウドなガールズ・バンド(L7HOLEなど)は即Riot Grrrl行きにされていたのも懐かしい思い出。冷たい街の視線をもろともせず、ゴスロリ〜ギャル〜韓流化する女性の方々をある意味Riot Grrrlとして扱っている点も、社会的背景の無い日本ならでは、といったところでしょうか。

 元ビキニ・キルのキャサリーン・ハンナが在籍するル・ティグラ、Excuse 17/HEAVENS TO BETSYのメンバーによって結成され“Riot Grrrl”をある意味最も有名にしたスリーター・キニー、ル・ティグラのご友人でもあるソウル・パンクことGossip、ジャネット・ワイス(スリーター・キニー)とサム・クームズ(元ヒートマイザー)によるクワージ……などなど、ルックスではなく、その精神性を受け継ぐ新たなバンドも数多く登場し、今も脈々と息づく“Riot Grrrl”。轟音/ダンス/アコースティックと、多様に進化を遂げているサウンドに込められた志を紐解けば、その味わいもさらに深いものとなるのでは。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
[インタビュー] こいつガチだ――覚悟を決めたCANDY GO!GO!の自信作『IDOROCK』[インタビュー] 生産性の低いことをどんどんやっていくべきなんだ、ベッド・インは! メジャー・デビューを経て、改めて気づいたこと
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015