アルバム『ケモノと魔法』発売記念 8週間集中連載『原田郁子秘宝館 ドキッ! 〜めくるめく感嘆符と溜め息の世界〜』 第6回:『ケモノと魔法』発表記念 特別エッセイ『「本当さ」に向き合う音楽家』いしいしんじ
掲載日:2008年6月26日
はてなブックマークに追加
2ndソロ・アルバム『ケモノと魔法』の発表を記念して、8週連続でお届けする短期集中連載『原田郁子秘宝館』。6週目となる今回は作家・いしいしんじさんによるエッセイをお届けします。2004年にリリースされた原田郁子の1stソロ・アルバム『ピアノ』において「かじき釣り」と「海からの風」という2曲の歌詞を手掛けた、いしいさん。今回のエッセイでは、初めて会ったときの印象や前述した2曲の歌詞の制作秘話、そして今作『ケモノと魔法』を通じて感じられたという、音楽家・原田郁子が向き合う「本当さ」について綴っていただきました。

いしいしんじ

 【Profile】
作家。1966年大阪生まれ。京都大学文学部仏文学科卒。1996年、短篇集『とーきょーいしいあるき』(『東京夜話』に改題)刊行。2000年、初の長篇『ぶらんこ乗り』刊行。2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞受賞。2004年『プラネタリウムのふたご』、2006年『ポーの話』、2007年『みずうみ』が、それぞれ三島賞候補に。その他の小説に『トリツカレ男』 『雪屋のロッスさん』、エッセイに『いしいしんじのごはん日記』など。信州松本と三浦半島の港町三崎に居を構える。
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.