多和田えみ連載 MUSIC OF MY MIND - chapter 3 多和田えみ Interview Vol.2 ―濃密で切実なメッセージ―
掲載日:2009年3月18日
はてなブックマークに追加
 2008年4月に『∞infinity∞』でデビューした多和田えみは、同年7月には早くも2ndミニ・アルバム『LOVE & PEACE』を発表。“愛と平和”というタイトルにも表われているように、本作には彼女の強いメッセージが潜んでいる。今回は彼女のメッセージ性を探る。TOPページのスペシャル動画では、「FLOWERS」のPVを掲載! 彼女のヴォーカリストとしてのポテンシャルが窺える一曲。


  2007年10月にリリースされたアントニオ・カルロス・ジョビンのトリビュート・アルバム『ジョビニアーナ〜愛と微笑みと花〜』の参加で「This Happy Madness」を美しく、ソウルフルに歌い上げた多和田えみ。菊地成孔畠山美由紀ハナレグミなどとのコラボレーションで知られる中島ノブユキのサウンド・プロデュースのもと、シンガーとしての強烈な個性を提示した本作を経て、2008年4月、1stミニ・アルバム『∞infinity∞』によって彼女はついにメジャー・デビューを果たす。中島美嘉の作品を数多く手掛けてきたLORI FINEの作曲によるR&Bナンバー「Naturally」、冨田恵一の編曲によるオーガニック・クラブ・ミュージック「Music Box」、風味堂のメイン・ソングライターである渡和久が作詞・作曲、日本のレゲエ・シーンの最重要クリエイターの一人、森俊也がアレンジを担当したラヴァーズ・ロック「ゆらゆら」のカヴァーなどを収録したこのアルバムは、彼女のヴォーカル・センス、まさに“無限”ともいえる音楽的可能性を十分に示したと言えるだろう。本作のリリースに際して、彼女はこんなコメントを残している。
 「音楽って無限だなって感じる瞬間があるんですよ。R&Bとかレゲエとかポップスとか、言い方はいろいろあるけど、ぜんぶが同じ音楽だし、そこには共通するものがあるような気がしていて。ジャンルにこだわるんじゃなくて、コアにあるものを伝えていけたらいいなって思います」




 さらに2008年夏には、2ndミニ・アルバム『LOVE & PEACE』を発表。DJ KAWASAKISWING-Oによるハウス・チューン「INTO YOU」、松本良喜が作曲を手掛け、野崎良太(Jazztronik)が手掛けたラテン・フレイヴァーたっぷりのポップ・ナンバー「eternity」など、ここでも彼女は、自らの音楽性を奔放に広げていく。また、“ラブ&ピース”というタイトルに象徴される、濃密にして切実なメッセージ性もまた、この作品の魅力。特に「FLOWERS」における「愛の歌とともに/さぁ もう一度 世界中の花を」「現実にもう/目を背けないで」という歌詞には、彼女の根源的な思いが込められていると言っていいだろう。
 「ネットの動画で、衝撃的な映像を見つけちゃったんです。世界の厳しい現状が映し出されてて――子供たちが苦しんでる姿だったり、残酷なシーンだったり――そのことと日本やアメリカがどんなふうに関係しているかっていうのを説明していて。怒りも湧いてきたし、でも、自分には何もできないっていうもどかしさもあって……。たった5分くらいの映像だったんですけど、そこで感じたものを歌詞にして、自分なりのメッセージを綴りました。この前、父親とも話してて、70年代には平和を歌った曲がたくさんあって、“武器を捨てて、手に花を持って歌を歌おう”っていうメッセージも広がってたと聞いて。ラブ&ピースが音楽と繋がってるって、素晴らしいことだと思うんですよね」

 デビューの年を振り返って、彼女は「“あ、これもカッコいい”って、いろんな音楽を発見した時期でした」と言う。
 「私にはぜんぜん知識がないし、とにかく“もっともっと学びたい”という思いでいっぱいでした。スタッフの方から“こういうのはどう?”って提案してもらって――レゲエやハウスを歌ったこともなかったし――そこから刺激を受けて。素晴らしいミュージシャンの人たちともたくさん知り合えたし、すごく楽しい日々でした」

 3月24日からは、セクシーな雰囲気のラブ・ソングを中心とした3rdミニ・アルバム『Sweet Soul Love』のリリースを記念した初のワンマン・ツアーがスタート。多和田えみが放つ、生のグルーヴをぜひ、体感してみてほしい。そこにはきっと、心と体に直接訴えかけてくるような、本物のソウルが存在しているはずだ。
 「1st(『∞infinity∞』)、2nd『LOVE&PEACE』)、3rd(『Sweet Soul Love』)はそれぞれコンセプトが違うし、ジャンルで考えるといろんなタイプの曲がある。でも、じつは全部が繋がってるんですよね。ライヴを観てもらえれば、そのことがわかってもらえるんじゃないかなって思ってます」


取材・文/森 朋之(2009年2月)

次回、多和田えみ Interview Vol.3


Live Information
多和田えみ&The Soul Infinity
《Sweet Soul Tour 2009》

★2009.3.24(火)東京@代官山UNIT
OPEN 18:30/START 19:00
問:キョードー東京[Tel]03-3498-9999

★2009.3.26(木)大阪@梅田Shangri-La
OPEN 18:30/START 19:00
問:夢番地[Tel]06-6341-3525

★2009.3.28(土)沖縄@SALT&PEPPER
OPEN 19:00/START 19:30
問:SALT&PEPPER[Tel]098-926-2111

※Total Information : http://www.techesko.com/
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.