1994年07月21日(木)
  
キャット・スティーヴンスが誕生
キャット・スティーヴンスが誕生
シンガー・ソングライターのキャット・スティーヴンスが、英国ロンドンに生まれる。ギリシャ系キプロス人の父とスウェーデン人の母を持ち、両親の経営するレストランで育ったという。12歳の時に音楽に目覚め、ピアノやギターをプレイし、作曲も行なっていた。60年代後半から70年代に掛けて活躍、「雨にぬれた朝」や「ピース・トレイン」などのヒットを生むが、78年にイスラム教に改宗した後、音楽シーンから姿を消す。復活は2006年まで待つことになる。
−2007年06月28日作成−
圭子の娘と今歌う――ヒッキーママ登場!
圭子の娘と今歌う――ヒッキーママ登場!
宇多田ヒカル初の全国ツアー、BOHEMIAN SUMMERの札幌公演に、母親で歌手の藤圭子が飛び入り出演。母娘で「圭子の夢は夜ひらく」をデュエットする豪華演出に。この日は客席から「藤圭子のモノマネやって〜」と声がかかり、ケイコ・コールが飛び交うなか藤圭子が登場。あまりの熱狂ぶりに、「ちょー盛り上がったよ」と宇多田もホームページで報告した。
−2001年06月26日作成−
ロジャー・ウォータース、ベルリンの壁の前で一大イベントを
ロジャー・ウォータース、ベルリンの壁の前で一大イベントを
元ピンク・フロイドのロジャー・ウォータースが、崩壊したベルリンの壁の前のポツダム広場でコンサート“ザ・ウォール”を開催。ピンク・フロイドの同名アルバムを素材に、人間抑圧を象徴する壁の崩壊を歌い上げたこのコンサートには、シンディー・ローパー、ジョニ・ミッチェルなどが参加。約30万人の聴衆が集まり、世界中で放映され成功を収めた。が、主催者側の人間は、ロジャー・ウォーターズの異常とも思えるような性格の難しさに、ほとほと困らされたらしい。このライヴはCD及びDVDとしても発売されている。
−2002年06月24日作成−
超プレミア盤! サザンのベスト・アルバム登場
超プレミア盤! サザンのベスト・アルバム登場
絶対に手に入らない、幻のアルバムとして知られる、サザンオールスターズのベスト・アルバム『すいか』。初回完全限定盤で展開されたこのアルバムは、'78年のデビュー曲「勝手にシンドバッド」から'88年の「みんなのうた」まで全61曲が収録されている。値段は1万円で、限定たった45万セット。争奪戦どころか、予約者のみで完売してしまい、店頭に並ぶことすらなかったという。なおプレミア価格は、平均4〜5万円。中古レコード店でも入荷次第すぐに売り切れるので、相変わらず入手は困難らしい。
−2003年06月25日作成−
『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』が劇場公開される
飯島真理 / 1984年)
TVシリーズの人気を経て製作された劇場版が公開される。映画化にあたっては、全く新しいストーリーを構成し、全編新作で作成された。キャラクター設定、メカ設定も刷新され、よりリアルでハードな設定で描かれている。またリン・ミンメイ役の飯島真理が歌った主題歌「愛・おぼえていますか」は、その後のシリーズでもカヴァー・ヴァージョンが作られるなど、「マクロス」シリーズの代表曲として多くのファンに親しまれている。
−2008年07月11日作成−
ヒューマン・ドラマの帝王、ロビン・ウィリアムズ誕生
ロビン・ウィリアムズが生まれる。米国イリノイ州シカゴ出身の俳優、コメディアン。大学で演劇を学び、のちに役者デビューを果たす。コメディからシリアスな役柄まで幅広くこなす彼だが、『いまを生きる』『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』『パッチ・アダムス』などのヒューマン・ドラマでみせた演技で特に高い評価を獲得、ゴールデングローブ賞主演男優賞やアカデミー助演男優賞を受賞している。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:「カム・トゥゲザー」レコーディング開始。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:「カム・トゥゲザー」レコーディング開始。
この日のセッションで、4トラックに「カム・トゥゲザー」のベーシック・トラックを8テイク録音。ジョンはギターを弾かずに、“Shoot me!”という歌詞の直後に入る手拍子を、ヴォーカルと同時に録音した。ジョンは一部でタンバリンも叩いた。最後に、第2スタジオのコントロール・ルームに移動して、ベストのテイク6を8トラックにコピー、オーヴァーダビング用のテイク9を作った。この日はまた、EMIを退職し、アップル・スタジオのチーフ・バランス・エンジニアとなっていたジェフ・エメリックが、ビートルズのセッションに戻り、最後までコンソールを担当した日でもある。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015