1999年06月25日(金)
  
キング・クリムゾンなどで活躍、イアン・マクドナルドが誕生
キング・クリムゾンなどで活躍、イアン・マクドナルドが誕生
キング・クリムゾンやフォリナーなどで活躍したイアン・マクドナルドが英国ロンドンに生まれる。クリムゾンのオリジナル・メンバーである彼は、ミュージシャンとして本格的な活動をはじめる前に、5年ほど英国軍のバンドで演奏していたそうだ。あの衝撃のデビュー作『クリムゾン・キングの宮殿』一作のみでクリムゾンを脱退するも、その叙情的で儚げなフルートの音色、サックスもメロトロンもこなす才能は、プログレッシヴ・ロック・ファンからは絶大な支持を得ている。
−2006年05月26日作成−
サザンオールスターズがデビュー
桑田佳祐率いるサザンオールスターズが、1stシングル「勝手にシンドバッド」をリリース。青山学院大学の音楽サークルで結成され、幾度かのメンバー・チェンジとコンテスト参加を経てのデビューだった。後年にはサザンの代表曲として定着し、“♪今何時”のフレーズはファンならずとも知るようになるのだが、当時は桑田の個性的なヴォーカルが“何を歌っているのかわからない”とよく言われていた。それだけインパクト絶大だった訳だ。
−2007年05月29日作成−
ジュリーこと沢田研二が誕生
沢田研二 / 1948年)
ジュリーこと沢田研二が誕生
ジュリーこと沢田研二、鳥取県に生まれる。大阪でバンド活動中、内田裕也にスカウトされ'67年「僕のマリー」でデビュー。〈ジュリー〉の由来は、女優のジュリー・アンドリュースから、または彼の顔が女っぽいことなどからつけられたという。かつては熱烈なファンたちによって、誕生会が会費300円で開かれたこともある。ビジュアル系の元祖と呼ばれることもあるジュリーだが、2000年には、区切りとして原点に戻ろうと、ノーメークで登場してファンを驚かせたりもした。
−2001年05月25日作成−
松浦亜弥が誕生
松浦亜弥 / 1986年)
松浦亜弥が誕生
久々の正統派アイドル・松浦亜弥、兵庫県に生まれる。モーニング娘。の妹分として'01年4月に「ドキドキLOVEメール」でデビューするも、娘。たちに追いつけ、追い越せ、くらい勢いのある〈あやや〉こと松浦亜弥。デビュー当時から、ヘソ出し&ミニスカのラブリーな衣装。それを堂々と着こなし、身近な恋愛をテーマにしたポップな曲を、こてこての〈振り〉付きで歌いこなす、その度胸はなかなかのもの。初コンサートのコンセプトも〈遊園地でデート気分〉。参りました。
−2002年05月27日作成−
ワム!のジョージ・マイケル誕生。
ワム!のジョージ・マイケル誕生。
ロンドン生まれのジョージ・マイケルは、1982年に幼なじみのアンドリュー・リッジリーとワム!を結成。デビュー当時からヒット・シングルを連発し、デビュー・アルバムも1位を記録。代表曲は「ウェイク・ミー・アップ・ビフォア・ゴーゴー」や「ラストクリスマス」。バリバリのアイドル・グループだった。解散したのは'86年6月。片割れのアンドリューは牧場経営者となるが、ジョージは音楽の道を貫いた。アルバム『フェイス』は1400万枚を売り上げ、彼はイギリスの国民的スターに。そして「ワム!時代はなかったことにしたい」と公言した。
−2003年05月27日作成−
『のび太の海底鬼岩城』単行本初版が刊行
(1983年)
83年に映画化された“大長編ドラえもん”シリーズ第4弾『のび太の海底鬼岩城』の原作単行本初版が小学館てんとう虫コロコロコミックスより刊行。単行本化は『のび太の恐竜』『のび太の宇宙開拓史』『のび太の大魔境』の前3作よりも早く、同シリーズでは初の単行本化となった。アトランティスとムーの抗争に巻き込まれたのび太たちの活躍を描いた作品。“バギーちゃん”ことドラえもんのひみつ道具“水中バギー”が見せた自己犠牲の精神に、多くの人が涙した。
−2008年06月24日作成−
映画監督シドニー・ルメット誕生
シドニー・ルメット / 1924年)
映画監督シドニー・ルメット誕生
映画監督のシドニー・ルメットが米国ペンシルバニア州に生まれる。幼少期からラジオドラマに出演し、ブロードウェイの舞台に立った。第二次世界大戦後も俳優として活躍するが、のちに演出家に転向。初の劇場映画『十二人の怒れる男』でベルリン国際映画祭金熊賞受賞という快挙を達成。またミステリー史上最高傑作といわれるアガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』を映画化するなど、数々の社会派サスペンス作品を撮った。映画史に残した多大な功績が認められ、第77回アカデミー賞で名誉賞を受賞。
−2007年05月22日作成−
ビートルズ365:世界24ヶ国で同時中継された『アワ・ワールド』に出演
ザ・ビートルズ / 1967年)
ビートルズ365:世界24ヶ国で同時中継された『アワ・ワールド』に出演
全世界を生中継で結ぶBBC発案のテレビ番組『アワ・ワールド』放送。日本ではNHKにて放送された(日本時間で26日午前3時55分から6時まで)。英国を代表して出演したビートルズは「愛こそはすべて」を演奏。ミック・ジャガーやエリック・クラプトン、キース・ムーンなどがコーラスで参加した。オンエア中の失敗を極力避けたいというジョージ・マーティンの配慮から、ビートルズは録音済みのリズム・トラック(テイク10)にあわせて演奏することになった。とはいえ、ヴォーカル、ベース、ギター・ソロ、ドラム、オーケストラはすべて生演奏。この演奏をジョージ・マーティンとジェフ・エメリックがその場でモノ・ミックスし、BBCのバンを中継し、全世界へと中継された。
−2006年05月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015