2003年05月28日(水)
  
カイリー・ミノーグ、誕生
カイリー・ミノーグ / 1968年)
カイリー・ミノーグ、誕生
ユーロビート全盛期を牽引した歌姫、カイリー・ミノーグがオーストラリアのメルボルンに生まれる。70年代後半から子役として活躍、女優としてテレビ・ドラマを中心に人気を博した。とあるチャリティ企画がきっかけとなり、リトル・エヴァ「ロコモーション」のカヴァーで歌手デビュー、これが母国でNo.1のヒットとなった。その後、英国に渡ってからの活躍振りは周知の通り。ユーロビートの衰退以降も、独自のスタンスで確かな人気を確立しているのは驚くべきことだ。
−2006年04月24日作成−
CCRなどで活躍、ジョン・フォガティが誕生
ジョン・フォガティ / 1945年)
CCRなどで活躍、ジョン・フォガティが誕生
クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルの中心人物として活躍、ソロとしても成功しているジョン・フォガティが、米国カリフォルニアに生まれる。兄のトムとともにCCRの前身になるバンドを組んだのは、1950年代の終り。下積みを経た後、CCRでデビューを飾ったのは68年のことだった。以降、72年の解散まで「スージーQ」「プラウド・メアリー」「雨を見たかい」など、数々のヒット曲を放ち、後進に影響を与えた。
−2007年04月26日作成−
渡辺美里が大ヒット・アルバムを発売
渡辺美里 / 1988年)
渡辺美里が大ヒット・アルバムを発売
渡辺美里の大ヒット4thアルバム『ribbon』発売。当時にしては珍しいミリオン・セラーを達成し、同年の最高売り上げを記録したこのアルバムは、豪華な楽曲提供者によるヒット曲が満載であった。小室哲哉の「悲しいね」ほか、伊秩弘将「恋したっていいじゃない」、大江千里「10 years」、佐橋佳幸「センチメンタルカンガルー」、岡村靖幸「シャララ」、そして木根尚登「さくらの花の咲く頃に」など。美里姉御の元気で一生懸命な応援ソングが、時代と合致した時期であった。
−2001年04月23日作成−
ストーンズのミック・ジャガー、またもや逮捕
ミック・ジャガー / 1969年)
ストーンズのミック・ジャガー、またもや逮捕
ローリング・ストーンズのヴォーカリスト、ミック・ジャガーがマリアンヌ・フェイスフルとチェイン・ウォークの自宅でマリファナを所持、薬物不法所持でまたまた逮捕される。それ以前にもキース・リチャーズ宅で15人の武装警官に包囲され、麻薬所持容疑でキースと全裸のマリアンヌと共に逮捕されている。またキース、ビル・ワイマンと一緒に立ちションをしたことで逮捕されたことも。この日の逮捕では保釈金50ポンドを払い、即日釈放された。
−2003年04月25日作成−
漫画家、中尊寺ゆつこが生まれる
(1962年)
1962年、漫画家の中尊寺ゆつこが東京都に生まれる。幼い頃はキッズ・モデル、学生時代はケイト・ブッシュ・ファンクラブ会長、そしてケラリーノ・サンドロヴィッチ主催“ナゴムレコード”からのリリース歴を持つバンド“ロシアバレエ団”での活動と、様々な経歴を経て漫画家に。OLの生態を描いた代表作『スイートスポット』から生まれた言葉“オヤジギャル”は1990年流行語対象を受賞。漫画家としてのみならず、エッセイスト、テレビ・コメンテイターとしてもマルチに活躍。2005年、S状結腸癌のため42歳で若くして死去。『スイートスポット』はアニメーション作品も制作されている。
−2009年05月20日作成−
映画『戦場のメリークリスマス』日本公開
大島渚 / 1983年)
大島渚監督の代表作『戦場のメリークリスマス』の日本公開が始まる。日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドの合作。第二次大戦下のジャワ捕虜収容所を舞台に、日本軍人と連合軍捕虜との関係を描いた人間ドラマで、ビートたけし、坂本龍一、デヴィッド・ボウイらが出演。フランスでは『FURYO』(浮虜)という題で上映された。またサウンドトラックも坂本が担当し、ピアノ曲「メリー・クリスマス・Mr.ローレンス」が映画とともに全世界でヒットした。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:ポール、アルバム『ラム』発売。
ザ・ビートルズ / 1971年)
ビートルズ365:ポール、アルバム『ラム』発売。
ポール、リンダとのデュオ名義でアルバム『ラム』英国で発売(米国は17日、日本は6月25日)。前作に続き評論家の間では賛否両論となったものの、全英では2週連続1位、全米では2週連続2位を記録。日本でも最高8位を記録した。71年度のビルボード年間チャートでは38位を記録した。また、72年にポールは『ラム』の全曲をオーケストラ演奏にて録音。録音された音源は77年にパーシー・スリルズ・スリリントン名義でアルバム『スリリントン』として発表した。ここでオーケストラのスコアを手がけたのは「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」などのスコアを担当したリチャード・ヒューソンである。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015