2004年09月22日(水)
  
ロック界随一の伊達男、デヴィッド・カヴァーデイルが誕生
ロック界随一の伊達男、デヴィッド・カヴァーデイルが誕生
ディープ・パープル、ホワイトスネイクで知られるシンガー、デヴィッド・カヴァーデイルが英国ソルトバーンに生まれる。幼少の頃の家は階下がクラブであり、そのジュークボックスでロックを聴いていたそうだ。ブティックの店員をしながらいくつかのセミプロ・バンドで活動、73年にパープル加入という大チャンスをものにする。そのセクシーな佇まいとディープ・ヴォイスで、ダンディな雰囲気を醸し出すが、パープル加入直後は垢抜けておらず、リッチー・ブラックモアが整形を指示したらしい。
−2006年08月28日作成−
ジョーン・ジェットが誕生
ジョーン・ジェット / 1960年)
ジョーン・ジェットが誕生
ザ・ランナウェイズでデビューし、ソロやザ・ブラックハーツを率いての活動でも成功を収めている女性ギタリスト、ジョーン・ジェットが米国フィラデルフィアに生まれる。本名はジョーン・ラーキン。ランナウェイズを結成した時、彼女はまだ15歳。時にはリード・ヴォーカルも取り、ソングライティングにも関わるなど、才能の一端を垣間見せている。解散後も精力的な活動ぶりを見せ、ロック・シーンの姉御として不動の評価を得た。
−2007年08月28日作成−
マスコミの寵児・X-JAPANが解散表明
X-JAPAN / 1997年)
マスコミの寵児・X-JAPANが解散表明
ロック・バンド「X-JAPAN」解散表明。4月に脱退していたTOSHI(vo)は姿を現さず、YOSHIKI(ds)が涙をひたすらこらえるという沈んだ会見に。解散後は、TOSHIの洗脳騒ぎやHIDE(g)の死去など良くない話題が続いたが、「EASY FIGHT RAMBLING」「20th CENTURY BOY」などロック・ファンを唸らせる名曲も多い彼らには、その後も再結成を求めるファンが後を絶たなかった。ちなみに彼らのラスト・ステージは、チェッカーズ同様紅白歌合戦だった。
−2000年08月28日作成−
ニックネームは“みかん星人”、今井絵理子誕生
今井絵理子 / 1983年)
ニックネームは“みかん星人”、今井絵理子誕生
元SPEEDの今井絵理子が沖縄県に生まれる。ソロ元年の'00年には舞台「火の鳥」で40mの宙づりに挑み、ゴールデンアロー賞演劇新人賞を受賞。2001年にはNHKの連続ドラマ「ルージュ」でも、化粧品会社に勤める主役に大抜擢されるなど、幅広い活動を見せた。口グセは「疲れた〜お腹空いた」。かつて一気にみかん55個を平らげ、〈みかん星人〉なるあだ名をも付けられたとか。
−2001年08月24日作成−
歌手・監督・画家・もろもろのプロデュース……。石井竜也、誕生
石井竜也 / 1959年)
歌手・監督・画家・もろもろのプロデュース……。石井竜也、誕生
元米米クラブの石井竜也、茨城県に生まれる。実家が「石井屋」という創業100年以上の老舗和菓子屋であることは有名。'85年「I・CAN・BE」でデビュー。ライヴというより、エンターテイメントショーといえる、石井プロデュースの奇抜で華々しいステージが話題となり、「浪漫飛行」など数々のヒット曲を生みだした。バンド解散後は映画製作に力を入れ(興行的にはまったくダメだったようだが)、以降も画家・インダストリアル・デザイン、広尾にある和菓子やのプロデュースなど、マイペースにクリエイティヴな活動を続けている。
−2002年08月26日作成−
人気長編ノベルの劇場アニメ化第2弾『天上編 宇宙皇子』が公開される
(1990年)
全五部48巻・外伝4巻からなる藤川桂介の壮大なファンタジー小説を原作にした劇場アニメ第2弾『天上編 宇宙皇子』が公開される。小説の第一部に相当する天上編をアニメ化したもので、不動明王の宿命を背負った青年・宇宙皇子(声は古谷徹が担当)が天上界を旅しながら成長していく姿を描いている。監督は「魁!! 男塾」の今沢哲男。作画監督は同作の山崎展義がそれぞれ担当している。なお、同時上映は『ロードス島戦記 第1部:伝説への序章 第2部:炎の出発』。
−2008年09月15日作成−
『ブリジット・ジョーンズの日記』が日本で公開
『ブリジット・ジョーンズの日記』の日本公開が始まる。30代独身でちょっぴり太めなロンドンのキャリア・ウーマン、ブリジット・ジョーンズの仕事や恋模様を描いたラブ・コメディ映画。原作がベスト・セラー小説なだけに、テキサス生まれのレニー・ゼルウィガーがブリジット役を演じることに当初批判が集まったが、イギリスなまりを完璧にマスターし、体重を増やして挑んだ“デニーロ・アプローチ”ならぬ徹底した役作りが認められ、大ヒットを記録した。
−2007年08月28日作成−
ビートルズ365:ジョージ、アルバム『ジョージ・ハリスン帝国』米国発売。
ザ・ビートルズ / 1975年)
ビートルズ365:ジョージ、アルバム『ジョージ・ハリスン帝国』米国発売。
ジョージのアルバム『ジョージ・ハリスン帝国(原題、Extra Texture)』米国発売(英国では10月3日、日本では10月20日発売)。全英では最高16位、全米では3週連続8位、日本でも2週連続9位を記録。このアルバムは、アップル・レーベルから発売されたジョージ最後のオリジナル・アルバムだが、アップルに対するジョージの熱が冷めていたのか、アップルのレーベル・マークである林檎が芯のみになっていた。ちなみにアルバムの1曲目に収録されている「二人はアイ・ラヴ・ユー」は元々ロニー・スペクターのために書いた曲。バック・トラックはロニーと同じものを使っている。
−2006年08月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY
[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』
[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』
[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)
[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』
[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015