2006年11月08日(水)
  
ボニー・レイットが誕生
ボニー・レイット / 1949年)
ボニー・レイットが誕生
女性シンガー・ソングライター/ギタリストのボニー・レイットが、米国カリフォルニアに生まれる。父親はブロードウェイで活躍したジョン・レイット。若い頃からギターをはじめ、高校生の頃にはなかなかの腕前になっていたらしい。大学在学中にブルース・クラブでの活動を開始、デビューを飾ったのは1971年のことだ。当初はブルース色の濃い音楽性だったが、徐々にコンテンポラリーな色を強め、80年代後半からはチャートでも成功を収めるに至る。
−2007年10月30日作成−
「ラヴィン・ユー」のミニー・リパートンが誕生
ミニー・リパートン / 1947年)
「ラヴィン・ユー」のミニー・リパートンが誕生
女性ソウル・シンガーのミニー・リパートンが、米国シカゴに生まれる。幼い頃から音楽や演技を学び、61年に14歳でThe Gemsに参加、ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせた。ロータリー・コネクションでの活動を経て、74年にスティーヴィー・ワンダーのプロデュースによるアルバム『パーフェクト・エンジェル』から「ラヴィン・ユー」が大ヒット。後にこの曲は、洋邦問わず無数のアーティストがカヴァーすることとなった。79年、31歳で死去。
−2006年10月30日作成−
ミスチルのブレイク作「CROSS ROAD」が発売
Mr.Children / 1993年)
ミスチルのブレイク作「CROSS ROAD」が発売
1992年5月に「EVERYTHING」でデビューするやいなや業界内では話題となり、新宿パワーステーションでのデビュー・ライヴには媒体関係者が押し寄せたというMr.Children。だが、一般的なブレイクとなったのは、ドラマ『同窓会』の主題歌でもあったこの4枚目シングル「CROSS ROAD」である。ミリオン・セラーを記録したこの作品でオリコン最高位6位を記録し、その後のシングルはすべて1位を獲得。桜井(vo)の離婚騒動や闘病、バンドの活動休止などさまざまな事件があったにもかかわらず、まだまだ人気は衰えることはなさそうだ。
−2000年10月30日作成−
『NARUTO‐ナルト‐』 漫画家・岸本斉史、誕生
岸本斉史 / 1974年)
『NARUTO‐ナルト‐』 漫画家・岸本斉史、誕生
1974年11月8日、漫画家の岸本斉史が生まれる。1998年に『カラクリ』でデビュー。翌99年より「週刊少年ジャンプ」にて連載が開始された『NARUTO‐ナルト‐』が人気作となり、アニメ版も制作された。この『NARUTO‐ナルト‐』は日本はもとより海外でも知名度は高く、コミックは23ヵ国以上で販売され、またアニメ版は60カ国以上で放映、さらに90ヶ国以上でライセンス提供が行なわれている。
−2008年11月07日作成−
『霊幻道士』でお馴染み、ラム・チェンインが亡くなる
ラム・チェンイン / 1997年)
『霊幻道士』でお馴染み、ラム・チェンインが亡くなる
日本に一大ブームを巻き起こした『霊幻道士』の道士役を演じていたことで知られるラム・チェンインが、1997年11月8日に亡くなる。『ベビー・キョンシー対空飛ぶドラキュラ』『ラスト・アクション・キョンシー』など迷作/珍作も数多く生み出したシリーズのほとんどに出演を果たし、「道士 = ラム・チェンイン(もしくは吹き替えの青野武)」という構図を日本人に植えつけた。ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー、3大スターが揃った福星シリーズ『大福星』では、クールな悪漢を演じている。
−2007年10月31日作成−
ビートルズ365:ジョンとシンシアの離婚が成立。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:ジョンとシンシアの離婚が成立。
8月22日にシンシアが離婚訴訟が起こし、この日、裁判所からジョンとの離婚を認められた。理由はジョンがヨーコと同居していることが「不貞行為」とされたため。慰謝料の額は発表されなかったが、一説によると10万ポンドだったとか。シンシアの弁護士は「レノン氏はシンシアさんと息子ジュリアンのため、高額かつ適正な額を用意している」と述べた。
−2006年10月30日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015