2007年03月28日(水)
  
“炎達(ファイヤーズ)のシンガー”、的場浩司誕生
的場浩司 / 1969年)
“炎達(ファイヤーズ)のシンガー”、的場浩司誕生
俳優の的場浩司が埼玉県に生まれる。今でこそ実力派俳優として評価を得ているが、かつて炎達(フィアヤーズ)というバンドでも活動していたのことを、覚えていらっしゃるだろうか!? もちろん担当はヴォーカルだ。90年に発表した1stアルバムのタイトルは『的場の唄〜不良少年 怖の章』。当時、ヤンキー上がりの強面というのが的場のイメージだったが、そのまんまの内容だったりする。こんなことをほじくり返したら、怒られるかな?
−2006年03月02日作成−
Re:Japanの「明日があるさ」が発売に
Re:Japan / 2001年)
Re:Japanの「明日があるさ」が発売に
吉本興業の所属タレントによるユニット、Re:Japanがシングル「明日があるさ」を発売。ダウンタウン、花紀京、間寛平、東野幸治、山田花子、ココリコ、藤井隆、ロンドンブーツ1号2号というメンバーで、缶コーヒーのCMをきっかけに結成された。坂本九のカヴァーであるこの曲は大ヒットを記録し、同年のNHK『紅白歌合戦』に出場。CMの設定を活かしたドラマと映画も制作されるなど、大きな人気を博し、翌年には2ndシングルとアルバムも発表している。
−2007年02月28日作成−
後藤真希がソロ・デビュー
後藤真希 / 2001年)
後藤真希がソロ・デビュー
当時モーニング娘。に在籍していた後藤真希が、シングル「愛のバカやろう」でソロ・デビューを飾る。モー娘。加入直後から中心メンバーとして活躍していただけに、常にソロ活動のウワサは絶えず、満を持して、という雰囲気だった。クールで大人びたという彼女のイメージ(実際とは異なるようだが)にぴったりの1曲で、オリコン・チャート初登場1位を記録。15歳6ヶ月での首位獲得は、渡辺満里奈(15歳11ヶ月)を抜いて歴代最年少記録となった。
−2008年02月27日作成−
19(ジューク)の“けんじ”、誕生
岡平健治(19) / 1979年)
19(ジューク)の“けんじ”、誕生
19(ジューク)のけんじこと岡平健治が広島県に生まれる。小学校の頃から父親の影響で作曲を始め、高校三年の夏にケイゴ(岩瀬敬吾)と知り合い“少年フレンド”を結成。原宿や下北沢でライヴ活動をするなか、イラストレーター326(中村満)と運命的な出会いを果たす。意気投合した3人は“19”を結成、98年「あの青をこえて」でデビューし、「あの紙ヒコーキくもり空わって」などヒットを飛ばす。ちなみに、影響されたアーティストは世界中の作曲家、だとか。
−2001年02月21日作成−
ヒッキーvs.あゆ、世紀の歌姫対決の勝敗はいかに?
ヒッキーvs.あゆ、世紀の歌姫対決の勝敗はいかに?
宇多田ヒカルがアルバム『Distance』を、浜崎あゆみがベスト・アルバム『A BEST』を同時に発売。“世紀の歌姫対決”とばかりに、巷は異様な盛り上がりをみせた。仕掛けたのは“打倒! 宇多田”に燃えるavex trax。浜崎陣営は真っ黒なボディの“あゆバス”を走らせたり、東京・渋谷で大規模な街頭広告を展開したりと、その宣伝はかなり大がかり。そして結果のほどは……初日売り上げは宇多田約163万5,000枚、あゆ約161万3000枚の僅差で宇多田勝利。しかし、この対決でこれだけ盛り上がるとは……日本は平和だなぁ。
−2002年02月25日作成−
ドイツ正統派の巨匠、ルドルフ・ゼルキン誕生
ルドルフ・ゼルキン / 1903年)
ドイツ正統派の巨匠、ルドルフ・ゼルキン誕生
ボスニアのエーゲルにてピアニスト、ルドルフ・ゼルキン、誕生。9歳からウィーンでピアノをリヒャルト・ローベルに、作曲をヨゼフ・マルクスとアルノルト・シェーンベルクに学んだゼルキン。12歳でメンデルスゾーンのピアノ協奏曲をウィーン交響楽団と共演してデビュー。34歳の時には、カーネギー・ホールデビューを果たした。さらにその後はヨーロッパ、南北アメリカ、イスラエル、オーストラリア、アジア各地を精力的に回り、来日も数回ある。'82年には、小沢征爾・新日本フィルとピアノ協奏曲演奏会を開いた。
−2003年02月27日作成−
アニメーター、塩山紀生が生まれる
(1940年)
アニメーター、塩山紀生が生まれる
1940年、アニメーター/イラストレイターの塩山紀生が熊本県に生まれる。フリーのアニメーターとして主にサンライズ作品を手がけ、『装甲騎兵ボトムズ』(83年テレビ東京系)、『機甲界ガリアン』(84年日本テレビ系)、『鎧伝サムライトルーパー』(88年名古屋テレビ系)では作画監督に加えキャラクター・デザインを担当。劇画とは趣向のことなる重厚さを湛えたタッチで好評を博す。その画才から、映像メディアのパッケージはもちろん、小説挿絵なども手がけ、イラストレイターとしても活躍。
−2009年03月27日作成−
俳優の伊武雅刀が生まれる
伊武雅刀 / 1949年)
1949年3月28日、俳優の伊武雅刀が東京都で生まれる。アニメ『宇宙戦艦ヤマト』のデスラー総統役(74年)や『スネークマン・ショー』への出演(76年)など、声に特徴のある“怪優”としてまずは人気を集め、その後、TVドラマや映画にも進出、マルチな活躍を現在もみせつづけている。俳優として、自然と存在感がにじみ出てくる確かな演技力は高く評価されており、数多くの作品に説得力を持たらしている。いまやTVドラマや映画には欠かせない人物であると言えよう。
−2008年03月20日作成−
ビートルズ365:オーストラリアのチャートにて1位から6位をビートルズが独占。
ザ・ビートルズ / 1964年)
ビートルズ365:オーストラリアのチャートにて1位から6位をビートルズが独占。
オーストラリアのチャートで1位から6位までをビートルズが独占。1位「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」、2位「ラヴ・ミー・ドゥ」、3位「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン」、4位「オール・マイ・ラヴィング」、5位「シー・ラヴズ・ユー」、6位「抱きしめたい」。さらに他に3作品もトップ30に顔を出すという結果だった。実際、オーストラリアでのビートルズ人気はかなりのもので、64年6月にツアーで訪れた際、アデレイド市では実に30万人のビートルズ・ファンが集まったという。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015