2007年08月15日(水)
  
実はインテリ、サンプラザ中野が誕生
サンプラザ中野 / 1960年)
実はインテリ、サンプラザ中野が誕生
スキンヘッドにサングラスがトレード・マーク、爆風スランプのサンプラザ中野が山梨県に生まれる。千葉県で育った彼は、地元では有数の進学校である千葉県立東葛飾高校を卒業、早稲田大学に合格したという秀才。初期の爆風はアヴァンギャルド的な型破りのパフォーマンスが売りだったが、それもインテリに裏打ちされた計算だったのかも。ミュージシャンのみならず、テレビ出演や執筆活動など、その才能は多岐に渡る。やっぱり勉強は大事?
−2006年07月25日作成−
HM/HR界の敏腕ドラマー、トミー・アルドリッジが誕生
ホワイトスネイク / 1950年)
HM/HR界の敏腕ドラマー、トミー・アルドリッジが誕生
ドラマーのトミー・アルドリッジが米国ミシシッピ州に生まれる。クリームやジミ・ヘンドリックス、レッド・ツェッペリンなどを聴いてドラムを覚えたという彼は、70年代初頭にサザン・ロック・バンドのブラック・オーク・アーカンソーでキャリアをスタートさせる。以降、パット・トラヴァース、オジー・オズボーン、ゲイリー・ムーア、ホワイトスネイクなどでプレイ。そのタイトなプレイとともに、ヴォリューム感のある独特のヘア・スタイルでもお馴染みである。
−2007年07月26日作成−
史上最大のロックフェス〈ウッドストック〉開催
VA / 1969年)
ニューヨーク州郊外のウッドストックにて、推定50万人の観衆を集めた超巨大フェスティバルが行なわれた。この年は例年になく全国各地で大きなフェスティバルが開かれていたが、その中でもこのウッドストックはあらゆる面で頂点に立つフェスティバルであった。8/15〜17日の3日間にわたって行なわれたこのイベントには、ジミ・ヘンドリックス、フー、ジャニス・ジョプリン、サンタナ、ジェファーソン・エアプレインなどのビッグ・アーティストが参加。会場では2人の赤ん坊が生まれ3人の死者が出た、との情報もあり。
−2000年07月14日作成−
鍵盤の皇帝、オスカー・ピーターソン誕生
鍵盤の皇帝、オスカー・ピーターソン誕生
ジャズ・ピアニストの巨匠、オスカー・ピーターソンがカナダのモントリオールに生まれる。幼少の頃は“魔法の指を持つ少年”、往年は“鍵盤の皇帝”の異名をとるテクニシャン。だが、決して冷たい印象ではなく、むしろひとつひとつ粒のそろったピアノの音色が心地よくスウィングし、その演奏は聴く者の耳を楽しませる。レイ・ブラウンとエド・シグペンとの『ザ・トリオ』は超名盤。
−2001年07月25日作成−
シルヴィ・バルタンが誕生
シルヴィ・バルタン / 1944年)
シルヴィ・バルタンが誕生
フレンチ・ポップスの妖精シルヴィ・バルタン、ブルガリアに生まれる。'60年代前半に起こった、フレンチ・ロリータ系ポップ・ムーブメント=イエイエ・ブーム。そこでフランス・ギャルと人気を二分していたシルヴィの、内巻ヘアーの愛くるしい顔とオシャレなファッションは日本でも大流行だった。2001年、大ヒット映画『ウォーター・ボーイズ』やお茶のCMに、かつての大ヒット曲「あなたのとりこ」が使用されたことから、約30年ぶりのシルヴィ旋風が日本にも巻き起こった。
−2002年07月25日作成−
ジーク・ジオン!! ジオン公国建国記念日
(宇宙世紀0068年)
ジーク・ジオン!! ジオン公国建国記念日
アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズにて登場する架空の国家。『ガンダム』では、主人公アムロ・レイが所属することになる地球連邦政府に、敵対する勢力として登場する。地球周回軌道上で地球からは最も遠い月の裏側に位置するサイド3に本拠を置くスペースコロニー国家。首都はズム・シティー。宇宙世紀0058年に独立を宣言したジオン共和国が前身で、ジオン・ズム・ダイクン(シャア・アズナブルとセイラ・マスの父)の死後、実権を握ったザビ家が武力による連邦政府からの独立を目指し、共和制から公王制へと移行したジオン公国を建国する。
−2008年08月11日作成−
夢の競演!『フレディvsジェイソン』が全米公開された日
ロニー・ユー / 2003年)
夢の競演!『フレディvsジェイソン』が全米公開された日
映画『フレディvsジェイソン』の全米公開が始まる。『エルム街の悪夢』でおなじみのフレディと、『13日の金曜日』に出てくる覆面男のジェイソンが対決するというホラー・ファン必見のクロスオーヴァ作品。決してB級テイスト寄りではなく、殺戮犯同士の真剣ガチンコ勝負となっている。監督は『チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁』でホラーの真髄を見せつけたロニー・ユー、さらにサントラはスリップノットやイン・フレイムス、セパルトゥラなど、ヘヴィ・ロック満載の豪華な内容。
−2007年07月10日作成−
ビートルズ365:シェア・スタジアムでコンサート。
ザ・ビートルズ / 1965年)
ビートルズ365:シェア・スタジアムでコンサート。
前回のアメリカ・ツアーと比べ、日程を短縮、公演回数も減らしたのにもかかわらず、大観衆を収容できる野球場を使用したため、前回以上の観客動員数を記録したこのツアー。シェア・スタジアムでは5万5000人以上の観客を動員し、30万ドルの収益をあげ、当時の最高収益を記録。ビートルズ人気は相変わらず凄まじく、ファンの殺到を恐れて、会場入りにはニューヨークのホテルからヘリコプターや装甲車を利用。ツアー最終日には警備の網をかいくぐった何人ものファンが、ジョンの帽子を取り、ポールは目を殴られ、ジョージとリンゴも体当りをされた。会場以外でも混乱は凄まじく、アメリカを離れる際はホテルの8階の部屋からエレベーターで2階で降り、そこから裏口の非常階段で外へ出てトラックの荷台に乗り込み空港へ向かうなどの行動をとった。
−2006年07月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015