2008年09月17日(水)
  
元ZEPのジョン・ポール・ジョーンズ、初ソロ作発売
レッド・ツェッペリンのベーシストとして知られるジョン・ポール・ジョーンズが、自身初となるソロ・アルバムを発表した。タイトルは『ズーマ』。この時までソロをリリースしていなかったのは意外だったが、その内容は聴き応え充分。時にZEPを想わせる重低音グルーヴも垣間見せ、全編インストながら十二分に楽しめる秀作だ。アレンジャー、シンセサイザー奏者としても有能な男だけに、そのセンスを存分に発揮した一作と言えるだろう。
−2006年08月28日作成−
中川勝彦が死去
中川勝彦 / 1994年)
中川勝彦が死去
俳優・歌手として活躍した中川勝彦が白血病で死去。32歳という若さだった。映画『ねらわれた学園』『転校生』などに出演、80年代前半から活躍し、84年には歌手デビュー。女性的ですらあるメイクと衣装で唄う様が印象的だった。発病は92年のこと。闘病を経て復帰を目指したのだが、最後には力尽きることになってしまった。その後、彼に再びスポットが当たるのは2000年代。実の娘である中川翔子の大活躍によってである。草葉の陰から喜んでいることだろう。
−2007年08月28日作成−
ガンズ、全米チャート首位を独占した2枚組を発売
ガンズ、全米チャート首位を独占した2枚組を発売
ガンズ・アンド・ローゼスが、全米チャートで1、2位を独占する爆発的なヒットとなったアルバム『ユーズ・ユア・イリュージョンI』『同II』を同時にリリース。同年5月から始まった同タイトルのツアーは、93年7月のアルゼンチン公演まで27カ国192回にわたって行われた(延べ700万人を前に演奏!)。ドラッグ問題でメンバーが交代したりするも、「ノーヴェンバー・レイン」「ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア」といった名曲が揃う。だがアクセル・ローズの「公演暴れグセ」は全然完治していなかったようだ。
−2000年08月28日作成−
これぞヒッキーのデビュー作! U3の『THE STAR』発売
宇多田ヒカル / 1993年)
これぞヒッキーのデビュー作! U3の『THE STAR』発売
U3、といってもU2のパクリではありません。当時は正体・国籍不明のバンド→その実体は当時9歳の宇多田ヒカル(H°IKASO U)・宇多田照実(Sking U)・藤圭子(Ra U)というなんとも豪華なファミリー・バンド「U3」がアルバム『THE STAR』でデビュー。その内容はソウルフルな無国籍歌謡ロックといった面持ちで、ジャケット含めた挿し絵すべてはヒッキー画伯によるものだった。ちなみに'99年には同アルバムの中のヒッキーボーカル曲がマキシシングル「THANK YOU」として発売。
−2001年08月24日作成−
モノマネの定番!? ちあきなおみ、誕生。
ちあきなおみ / 1948年)
モノマネの定番!? ちあきなおみ、誕生。
コロッケのモノマネで、若い世代にもその濃厚な歌いっぷりが知られている歌手・ちあきなおみ、東京都に生まれる。'69年『雨に濡れた慕情』で歌手デビュー。'72年には「喝采」が一世を風靡。レコード大賞を受賞した。しかしその後は、結婚がもとでレコード会社と衝突。2年間のブランクを経てカムバック。'80年以降は『瀬戸内少年野球団』などの映画に出演し、女優としても活躍した。また、『タンスにゴン』のCMも話題になった。
−2002年08月26日作成−
ハンク・ウィリアムズが誕生
ハンク・ウィリアムズが誕生
「ジャンバラヤ」「ユア・チーチン・ハート」などのヒット曲を出したカントリーミュージシャン、ハンク・ウィリアムズが米国に生まれる。靴磨きで家計を助けながら13歳でバンドを結成し、24歳でデビューしたハンクは、ミリオンセールスを成し遂げる人気者に成長。しかし、彼の体はすでに薬品やモルヒネに蝕まれており、'52年の大晦日深夜、新年ショーへ向かう途中の車中で運転手が異常に気付いたときには帰らぬ人となっていた。彼の激動の生涯は、映画『偽りの心』で忠実に描かれている。
−2002年12月25日作成−
「ポリマー」やJ9シリーズのリーダーほか、声優・曽我部和恭が死去
曽我部和恭 / 2006年)
『破裏拳ポリマー』のポリマー、『パタリロ!』のバンコラン、『聖闘士星矢』のサガ、『ヤットデタマン』のヤットデタマン、『機動戦士ガンダム』ワッケイン、そして、通称“J9シリーズ”(『銀河旋風ブライガー』他)のリーダ格など、数々の名作アニメで声を当てた、声優の曽我部和恭が食道癌のため死去した。58歳だった。旧名は本名の曽我部和行。“ガベさん”の愛称で、多くのファンに親しまれた声優だった。声優以外にも、古谷徹らとともに声優バンド、スラップスティックを結成、音楽面でも活躍していた。
−2008年09月15日作成−
映画『四月の雪』公開
ペ・ヨンジュン / 2005年)
映画『四月の雪』公開
映画『四月の雪』が公開される。韓流ブームの火付け役、ペ・ヨンジュンが大ヒット・ドラマ『冬のソナタ』以降、初めて出演したラブ・ストーリー。“ヨン様スマイル”の温和なイメージを払拭するかのような、哀しみを全身ににじませた迫真の演技で新たなファンを獲得した。監督は『8月のクリスマス』のホ・ジノ。
−2007年08月28日作成−
ビートルズ365:P.J.プロビー「ザット・ミーンズ・ア・ロット」発売。
ザ・ビートルズ / 1965年)
ビートルズ365:P.J.プロビー「ザット・ミーンズ・ア・ロット」発売。
ポールのペンによるP.J.プロビーのシングル「ザット・ミーンズ・ア・ロット」英国で発売(最高24位)。この曲はもともと映画『ヘルプ!/4人はアイドル』のために書かれた楽曲で、ビートルズは65年2月20日にこの曲のレコーディングを行なっている。ポールはこの曲について「あまり乗り気じゃなかった曲や、未完成に終わった曲もある。その中の1曲」とコメントしている。ビートルズによるヴァージョンはアルバム『アンソロジー2』に収録されている。
−2006年08月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015