2009年08月05日(水)
  
TOTOで知られる名ドラマー、ジェフ・ポーカロが死去
ジェフ・ポーカロ / 1992年)
TOTOで知られる名ドラマー、ジェフ・ポーカロが死去
TOTOのドラマーとしてしられるジェフ・ポーカロが急死。死因は殺虫剤アレルギーによるもので、自宅の庭で散布中に突然倒れたらしい。享年38。その実力は10代の頃から知られており、ソニー&シェールをはじめ70年代初頭からさまざまなアーティストの作品/ツアーに参加した。そのジャンルは多岐に渡っている。TOTOでのプレイで一気にその名を広め、円熟の域に達しようかとする矢先の出来事……。あまりにも突然すぎる悲報だった。
−2006年07月25日作成−
リック・デリンジャーが誕生
リック・デリンジャーが誕生
「ロックンロール・フー・チー・クー」のヒットで知られるギタリスト、リック・デリンジャーが米国オハイオ州に生まれる。10代の頃から本格的な活動をはじめ、マッコイズの一員として「ハング・オン・スルーピー」を全米No.1に導いたのは1965年、弱冠17歳の時。ギタリストとしての腕は高い評価を得ており、ジョニー&エドガーのウィンター兄弟からは特に重宝がられた。80年代にはあのパロディの帝王、アル・ヤンコビックの作品にも関与している。
−2007年72月6日作成−
あの伝説のバンド・はっぴいえんどがデビュー
はっぴいえんど / 1970年)
あの伝説のバンド・はっぴいえんどがデビュー
大滝詠一率いるはっぴいえんどが、アルバム『はっぴいえんど』でデビュー。「ロックは英語でなければ」という当時の風潮に真っ向から勝負し、全編日本語の曲を収録。なお、このアルバムの通称は〈ゆでめん〉。当時、『ガロ』で活躍していた漫画家・林静一によって描かれたジャケットに〈ゆでめん〉という看板があったため。彼らは2ndの『風街ろまん』のジャケットにも、当時マニアの間でカリスマ的な人気を誇っていた宮谷一彦を起用。細かいところにまでセンスをみせつけていた。
−2000年07月14日作成−
ハワイで急逝、ファン唖然。どんと誕生
どんと / 1962年)
元ボ・ガンボスのリーダー・どんと、岐阜県大垣市に生まれる。本名は久富隆司。京大在学中にバンド、ローザ・ルクセンブルクを結成、NHKのバンドコンテストで優勝し'85年にデビュー。'87年からボ・ガンボスとして活動し、ユニークな歌詞と人をハッピーにさせるライヴパフォーマンス、強烈などんとのカリスマ性で多くのファンを魅了した。しかし2000年1月、滞在先のハワイで急逝。死後、数多くの追悼イベントが行なわれ、意外な顔ぶれとしてはくるりの岸田繁なども参加している。
−2001年07月25日作成−
平均年齢13.5歳! SPEEDデビュー
SPEED / 1996年)
平均年齢13.5歳! SPEEDデビュー
SPEEDが日清シスコーンのCM曲「Body & Soul」でデビュー。1枚目にして、オリコン最高順位4位を獲得する。'95年11月より、TV番組『夜もヒッパレ』に準レギュラーとして出演し、番組内でグループ名を募集し「SPEED」となった彼女たち。当時、島袋寛子12歳、今井絵理子13歳、上原多香子14歳、新垣仁絵15歳という若さと、ハツラツと踊る姿はかなり衝撃的であった。もちろん同曲の作詞・作曲は伊秩弘将。
−2002年07月25日作成−
「じっちゃんの名にかけて!」金田一一誕生
(????年)
「じっちゃんの名にかけて!」金田一一誕生
アニメ「金田一少年の事件簿」に登場する架空の人物。名探偵・金田一耕助を祖父に持つ主人公・金田一一が、パートナー・七瀬美雪や剣持警部、ライバルの明智警視らと共に遭遇する難事件を、祖父譲りの推理力で次々と解決していくストーリー。8月5日生まれ。勉強も運動もダメなうえに、遅刻・早退・サボりの常習犯と全くいい所がないが、IQ180の天才。声優は松野太紀が担当。
−2008年08月04日作成−
映画監督ダニエル・シュミット誕生
映画監督、ダニエル・シュミットが誕生した日。スイスのグリゾン地方で大きなホテルを営む一家に生まれる。72年に処女長編映画『今宵かぎりは…』を発表。耽美的で夢想、浮遊と現世からの離脱が描かれた美しい作風で注目を浴びる。2006年8月5日に逝去、日本でも追悼イベントが数多く行なわれ、『カンヌ国際通り』『ヘカテ』などが上映された。
−2007年07月10日作成−
ビートルズ365:アルバム『リボルバー』発売。
ザ・ビートルズ / 1966年)
ビートルズ365:アルバム『リボルバー』発売。
アルバム『リボルバー』英国発売(米国では8日、日本では10月5日)。英国では7週連続1位、米国では6週連続1位を記録した。このアルバムのタイトルは、ポールが来日公演中に警備員の腰にあった回転式拳銃を見て思いついたという説がある。ちなみに他のタイトル候補は、『ABRACADABRA』『MAGIC CIRCLES』『BEATLES ON SAFARI』など。ジャケットはハンブルク時代からの盟友クラウス・フォアマンによるリトグラフ。ロシア盤ではジャケットに使われた写真はまったくの別物だった。
−2006年07月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015