2009年11月04日(水)
  
ディディが誕生
ディディが誕生
ラッパー、プロデューサーとして活躍するディディが、米ニューヨークのマンハッタンに生まれる。本名はショーン・コムズ。父親は幼少期に殺人事件に巻き込まれて死亡、母親とともに生活を送る。大学に進学した後、Uptown Recordsのスタッフとして音楽業界へ身を投じ、ファーザー・MCやメアリー・J.ブライジのヒット作に関与するなど、瞬く間にその頭角を表していった。パフ・ダディ、P・ディディなど、芸名を頻繁に変えることでも有名。
−2007年10月30日作成−
ヒット曲もあります、ネプチューンの名倉潤が誕生
名倉潤 / 1968年)
お笑いトリオ、ネプチューンの名倉潤が兵庫県姫路市に生まれる。もともとはコンビとして活動していた原田泰造と堀内健に請われ、グループのツッコミに。原田と堀内はとんでもないボケを連発するのだが、それを見事にさばいている。が、東南アジア系の顔立ちでは逆にイジられる立場に。正真正銘の日本人にもかかわらず、タイ人によく間違われるらしい。98年にはシングル「君を探して」でCDデビューも果たし、グループの中では高い歌唱力を披露している。
−2006年10月30日作成−
ボブ・ディラン、契約後の初ライヴ
ボブ・ディラン / 1961年)
ボブ・ディラン、契約後の初ライヴ
クラプトンやガンズ&ローゼスなどにカヴァーされた名曲「天国の扉」の生みの親であり、アメリカン・フォークの巨人と呼ばれるボブ・ディランが、NY・カーネギー・チャプター・ホールでCBS契約後、初のソロ・ライヴを行なう。が、観客はわずか50人。しかも、翌年ファースト・アルバムを出すも、5000枚しか売れなかったという。しかしその後、恋人スーズ・トロトの影響で書き始めた「風に吹かれて」は、後に彼の代表曲となるほどの反響を呼び、〈フォークのプリンス〉と呼ばれるようにもなった。
−2000年10月30日作成−
今井美樹の代表曲「PRIDE」発売
今井美樹 / 1996年)
今井美樹の代表曲「PRIDE」発売
今井美樹最大のヒット曲「PRIDE」が発売。'86年「黄昏のモノローグ」でデビューして以来、凛とした芯の強い女性を歌い続けた彼女も当時はスランプ続き。そんな彼女を的確に表わしていた布袋寅泰の詞を聴いた今井は、「これって私が書く詞じゃないの!?」と驚き思わずボロボロ泣いてしまったという(2人は'99年6月に結婚)。この曲は後にフランス在住の歌手リリー・ディビスによりカバーされ、テレビCMでオンエアされた。
−2001年10月24日作成−
レベッカのNOKKOが誕生
NOKKO / 1963年)
レベッカのNOKKOが誕生
日本で初めてロックバンドとしてミリオンセラーを出したREBECCAのVo.NOKKO(本名山田信子)が埼玉県に生まれる。'82年のバンド結成直後にデモテープを持ち、G.木暮とともに突然渡米したNOKKO。REBECCAはいきなり活動停止に追い込まれてしまうが、資金難などからわずか45日間で帰国。その後'84年にメジャーデビューを果たしたREBECCAは、BOφWYと人気を二分し、武道館6DAYSも超満員で成功させるビッグバンドへと成長していく。その後アルバムを6枚出して'91年2月14日に解散。阪神大震災のチャリティライヴで2日間だけ復活した。
−2002年10月29日作成−
『さよなら絶望先生』いつもネガティブ思考、糸色望が生まれる
久米田康治 / ????年)
『さよなら絶望先生』いつもネガティブ思考、糸色望が生まれる
久米田康治の人気漫画およびそれを原作としたアニメ『さよなら絶望先生』の主人公“糸色望(いとしきのぞむ)”が生まれる。年齢は不詳。「2年へ組」担任の高校教師。“糸色望”を横から読むと“絶望(ぜつぼう)”と読めることから“絶望先生”とも呼ばれている。またその名前のとおり、常にネガティブ思考なキャラで「絶望した!!」が口癖である。
−2008年10月31日作成−
『東京タワー』の原作者、リリー・フランキー誕生
リリー・フランキー / 1963年)
『東京タワー』の原作者、リリー・フランキー誕生
イラストレーターにはじまり、文筆家〜小説家〜絵本作家〜写真家〜構成・演出〜アートディレクター〜作詞・作曲……と幅広くも混沌とした肩書きを持つ男、リリー・フランキーが福岡県に生まれる。2005年に発表された初の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が空前の大ヒットをとばし、大泉洋(ドラマ・スペシャル版)、速水もこみち(連続ドラマ版)、オダギリジョー(映画版)、萩原聖人(舞台版)と様々な俳優が“ボク”を演じている。
−2007年10月31日作成−
ビートルズ365:ビートルズ、『ロイヤル・バラエティ・ショー』に出演。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:ビートルズ、『ロイヤル・バラエティ・ショー』に出演。
エリザベス皇太后、マーガレット王女、スノードン卿が臨席した、『ロイヤル・バラエティ・ショー』に出演。ビートルズは19組のうち7番目の出演だった。カーテンが開く前に「フロム・ミー・トゥ・ユー」を演奏し始め、2曲目の「シー・ラヴズ・ユー」が終わるといっせいにお辞儀。3曲目の「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」を演奏する前に、明らかに緊張しているポールがジョークをとばし、最後の曲「ツイスト・アンド・シャウト」を始める前には、拍手がおさまるのを待って、ジョンが「安い席の方は手拍子を、その他の方は宝石をジャラジャラ鳴らしてください」と発言した。このショーはBBCとITVが毎年交代でテレビ放送することになっていて、この年はITVで11月10日の午後7時28分から10時30分に全国ネットで放送。ビートルズが演奏した4曲はすべて放送された。
−2006年10月30日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015