2010年07月01日(木)
  
ブロンディの看板、デボラ・ハリーが誕生
デボラ・ハリー / 1945年)
ブロンディの看板シンガーとして活躍したデボラ・ハリーが米国に生まれる。マイアミで生まれた彼女は、養女としてニュージャージーのハリー家で育てられた。さまざまな仕事をこなしつつ、60年代半ばから音楽活動を開始、68年にはWind In The Willowsというフォーク・グループでデビューを果たしている。アルバム1枚でこのグループが終焉すると、70年代にブロンディを結成。その後の活躍は説明不要だろう。
−2006年06月28日作成−
ヒップホップ界の姐御、ミッシー・エリオットが誕生
ヒップホップ界の姐御、ミッシー・エリオットが誕生
フィメール・ラッパーのミッシー・エリオットが米国ヴァージニア州に生まれる。本名はメリッサ・エリオット。もともとは“Sista”というR&Bグループで活動していた彼女は、ジョディシのデヴァンテに見初められ、デビューのきっかけを掴んだ、というのは有名な話。プロデュースやソングライティングで経験を積んだ後、ラッパーとしてシーンに躍り出るや、瞬く間に人気を獲得していく。CMや映画への出演など、話題に事欠かないヒップホップ界の姐御である。
−2007年06月28日作成−
アカデミズム嫌いの“変人”音楽家、エリック・サティが死去
エリック・サティ / 1925年)
アカデミズム嫌いの“変人”音楽家、エリック・サティが死去
変わり者の音楽家としても有名な作曲家、エリック・サティが肝硬変に加え肋膜炎を併発し極貧状態で病院で死去。死後、友人たちがはじめて入った部屋は、洞窟にクモの巣がはったようなところだったという。13歳でパリ音楽院に入学するが、アカデミズムを嫌ってカフェのピアニストをしながら、大胆な着想と奇抜な表題の作品を発表。単調でありながらも叙情的な「ジムノペディ第1番」などが有名で、この曲は北野武監督映画『その男、凶暴につき』などでも印象的に使われている。
−2001年06月26日作成−
視聴者投票802,157票、鈴木あみがデビュー
鈴木あみ / 1998年)
視聴者投票802,157票、鈴木あみがデビュー
事実上の引退状態から、2004年4月に復帰を果たした鈴木あみ(復帰後は亜美)、テレビ番組『ASAYAN』のオーディションでダントツの視聴者票を獲得し、デビュー。おてんばで目立ちたがり屋で、小さい時から歌手にあこがれていた彼女の口癖は「スカウトされるためにはどうしたらいい?」。しかし、陸上部の練習が忙しくなかなか東京に行けなかったために、『ASAYAN』のオーディションに参加したという。家族は結束が固く、唯一の家訓は“何でも自分でやる”。
−2002年06月24日作成−
『魔法の天使クリィミーマミ』の放送が開始される
(1983年)
83年7月1日から84年6月29日にかけて全52話が日本テレビにて放送された、スタジオぴえろ作のTVアニメ。ぴえろ魔法少女シリーズ第一作。ある日、助けた妖精のピノピノから、そのお礼として1年間だけ魔法のステッキと使い魔を授かった主人公・森沢優。さっそく魔法の力で16歳の姿に変身して街を歩くと、芸能プロダクションにスカウトされ、大人気アイドル・クリィミーマミとして活躍することに……。続編に『魔法の天使クリィミーマミ 永遠のワンスモア』『魔法の天使クリィミーマミ ロング・グッドバイ』がある。
−2008年06月30日作成−
トッド・ラングレンの娘だった!? 女優リヴ・タイラー誕生
リヴ・タイラー / 1977年)
リヴ・タイラーが米国メイン州ポートランドに生まれる。父親はエアロスミスのスティブン・タイラー、母は70年代の売れっ子トップ・モデル、ベベ・ビュエル。しかしながら二人は彼女が物ごころつく前に離婚していたため、母親の交際相手だったトッド・ラングレンを父親と教わり育った。エアロスミスの「クレイジー」という曲のミュージック・ビデオにも出演しているが、やはり印象的なのが映画『アルマゲドン』での親子共演か。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、交通事故にあう。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、交通事故にあう。
ジョンとヨーコ、ジュリアンとキョーコを連れてスコットランドを旅行中に自動車事故を起こした。原因はジョンが誤ってハイウェイをはみ出したこと。負傷した4人はサザンランドのローソン・メモリアル病院に入院。ヨーコは頭を14針縫う大怪我を負った。軽症のジュリアンは叔母のミミが連れて帰り、ジョン、ヨーコ、キョーコの3人は6日に退院。600ポンドでチャーターしたヘリコプターでスコットランドへ向かい、そこから飛行機でロンドンへ戻った。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015