2010年07月07日(水)
  
本業は歌手、研ナオコが誕生
研ナオコ / 1953年)
本業は歌手、研ナオコが誕生
歌手の研ナオコが静岡県に生まれる。小さな頃から歌は得意だったようで、地元ののど自慢大会の常連だったとか。17歳で歌手を目指し上京するが、一時期は競艇の選手だったこともある。「あばよ」「かもめはかもめ」「夏をあきらめて」など、切ないマイナー調の曲を歌わせたらその声は絶品だ。一方で、ユーモアのセンスにも長けており、『カックラキン大放送』や『8時だよ!全員集合』では芸人顔負けの見事なコントを見せていた。
−2006年06月28日作成−
A7Xのギタリスト、シニスター・ゲイツが誕生
A7Xのギタリスト、シニスター・ゲイツが誕生
米国のヘヴィ・メタル・バンド、アヴェンジド・セヴンフォールド(以下、A7X)のギタリストであるシニスター・ゲイツが生まれる。本名はブライアン・ヘイナー・ジュニア。彼の華麗極まりないリード・プレイは、後にバンドの核となるのだが、1stアルバム『サウンディング・ザ・セヴンス・トランペット』(2001年)では1曲しかプレイしていない。が、以降の貢献度は非常に高いものがある。ちなみに彼の父親もギタリストで、A7Xの作品でも度々プレイしている。
−2007年06月28日作成−
直訳ロッカー“王様”が誕生
王様 / 1960年)
直訳ロッカー“王様”が誕生
日本が誇る異色の直訳ロッカー、王様が兵庫県西宮市に生まれる。95年のデビューシングル、ディープ・パープルの直訳メドレー「深紫伝説」が、日本レコード大賞企画賞を受賞。その後も96年「浜っ子伝説」(ビーチ・ボーイズ直訳集)、「想像してごらん」(ジョン・レノン/「イマジン」)、99年「御立派!!」(ソウル直訳集)、2000年「接吻伝説」(KISS直訳集)など、数々の作品を発表。唯一無二の道を突き進む。その名とは裏腹に、銭湯と四畳半を愛する腰の低いロッカー、それが王様なのだ。
−2001年06月26日作成−
MISIAが誕生
MISIA / 1978年)
MISIAが誕生
MISIA、長崎県に生まれる。幼いときから音楽に囲まれて育ち、4才からピアノを習う。歌手になる夢を抱いたのは、小学校の頃に見たゴスペル・ミュージカルのCMだったとか。2001年の誕生日にはクリップ集が発売され、ファン・クラブ限定のシークレット・ライヴも開催。ライヴ限定でメロンパンが好きなMISIAが発案・デザインしたキャラクター“メロンパンダ”のグッズも販売された。その後、バースデイ・ライヴにに居合わせたツクダの社員がほれ込み“メロンパンダ”は商品化されたが、売れ行きやいかに?
−2002年06月24日作成−
アニメーション監督・佐藤竜雄、誕生
佐藤竜雄 / 1964年)
アニメーション監督・佐藤竜雄、誕生
1964年7月7日生まれ。日本のアニメーション監督・演出家。大学卒業後、亜細亜堂に動画担当として入社、後に演出助手、そして演出に転じる。彼が監督を務める作品は、原作の無いアニメ・オリジナル作品であることが多く、ジャンルも描写も異なるバラエティに富んだ作品群となっている。また登場人物が非常に多いことでも知られる。代表作は『機動戦艦ナデシコ』『宇宙のステルヴィア』など。
−2008年07月04日作成−
俳優 堤真一の誕生日
堤真一 / 1964年)
俳優、堤真一が生まれる。兵庫県西宮市出身。高校卒業後、友人に誘われ千葉真一主宰のジャパンアクションクラブに入団。真田広之の付き人を務めた後、本格的に役者を志す。『MONDAY』『ドライブ』など、SABU監督の作品には欠かすことのできない俳優である。一見すると二枚目でクールなキャラではあるが、三枚目の一面も兼ね備えていて面白い。安定した演技力を武器に、ドラマに映画、舞台にと精力的に活動している。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:リンゴ・スター生まれる。
ザ・ビートルズ / 1940年)
ビートルズ365:リンゴ・スター生まれる。
リヴァプールのディングル地区で、予定より1週間遅れで生まれた。本名リチャード・スターキー。パン職人であった父リチャードと同じ職場で働いていた母エルシーとの間に生まれた初めての子供だった。労働者階級の習慣に従って、父親と同じ名前をつけられた。両親は3歳の時に離婚し、母エルシーが親権者となった。リンゴは病弱な子供時代を過ごし、6歳の時に盲腸炎から腹膜炎を併発。10週間もの間、昏睡状態に陥り、結果、1年以上もの間、病院にいることになった。13歳のときには風邪をこじらせて肺炎にかかり、2年間ものあいだ入院をした。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015